音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

焚吐、初ライブの地で新曲盛りだくさんの弾き語りワンマン

193

焚吐「カイキとカイシ」の様子。(Photo by masa)

焚吐「カイキとカイシ」の様子。(Photo by masa)

焚吐が11月3、4日に東京・江古田マーキーでワンマンライブ「カイキとカイシ」を開催した。

今回のワンマンの舞台となった江古田マーキーは、焚吐が2年前に初めてライブを行った会場。もともとは11月3日のみ実施の予定だったが、チケットのソールドアウトを受けて翌4日には追加公演も行われた。

この公演で焚吐は定番曲のほか新曲、カバー曲を弾き語りで披露。MCでは当時の状況を振り返る一幕もあった。彼は新曲「愛、愛、愛、愛、そして愛」「コントロール・ミー」をはじめ、カラオケでも2時間熱唱したと明かしたはるまきごはん「ドリームレス・ドリーム」のカバー、20歳を迎えてから制作したというバラード「返してよ」など、バラエティ豊かなラインナップをオーディエンスに届けた。そしてアンコールでは、この日最後に披露するために用意したというナンバー「予測可能回避可能」を情感豊かに歌い上げ、ライブを締めくくった。

焚吐はみやかわくんと共作したニューシングル(タイトル未定)を2018年2月にリリース。このシングルには「グッバイ・サムシング」「神風エクスプレス」のほか、さらに新曲が収録される予定だ。また焚吐は12月28~31日に千葉・幕張メッセ国際展示場1~11ホールおよび幕張イベントホールで開催される音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」に出演する。

COUNTDOWN JAPAN 17/18

2017年12月28日(木)~31日(日) 千葉県 幕張メッセ国際展示場1~11ホール / 幕張イベントホール
焚吐は12月28日に出演。

音楽ナタリーをフォロー