音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

KICK、水カン、ヤスタカ、Nulbarichの熱演交差した「SOUND JUNCTION」に加山雄三も

381

加山雄三とコムアイ(水曜日のカンパネラ)。 (c)Yusuke Kashiwazaki / Red Bull Content Pool

加山雄三とコムアイ(水曜日のカンパネラ)。 (c)Yusuke Kashiwazaki / Red Bull Content Pool

11月4日に東京・ベルサール渋谷ガーデンにて、ライブイベント「SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点」が開催された。

これは10月22日から11月17日まで東京都内各所で開催中のレッドブル主催による音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」の一貫として行われたもの。当日は観客を囲むように設置された4つのステージにKICK THE CAN CREW水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ(CAPSULE)、Nulbarichという4組のアーティストが登場し、2部構成のノンストップライブでオーディエンスを楽しませた。

イベントの幕を開ける水曜日のカンパネラのアクトは「ゴッホ Remix」でスタートした。「えい政」では舞台全体が幕で覆われ、しなやかに舞い踊るコムアイの影に観客の目は釘付けに。彼女は降ろされた幕と共にフロアへ移動すると、観客と一緒に幕を揺らして風を起こしながら「バク」を歌唱する。そのまま「一休さん」が投下されると、至近距離で届けられる奔放なパフォーマンスに場内は大盛り上がりとなった。ステージに戻ったコムアイはミラーボールの下で「アマノウズメ」を披露しライブを終えた。

水曜日のカンパネラのアクトが終わった瞬間、真後ろのステージでKICK THE CAN CREW「千%」のイントロが鳴り響く。大歓声を受けながら現れたKICKの3人は、DJ TATSUTAと共に「地球ブルース~337~」「マルシェ」「GOOD TIME!(ver.2001)」とアッパーチューンを連発。LITTLEの「まだ何も終わっちゃいないぜ!」の一声から繰り出された「イツナロウバ」、迫真のラップが展開された「sayonara sayonara」を経て、ラストの「アンバランス」では観客が一斉に手を振り圧巻の光景が生まれた。

この日唯一のバンド編成で登場したNulbarichは「It's Who We Are」「Lipstick」のグルーヴィな演奏で観客を揺らす。「On and On」でボーカルのJQがシンガロングを求めると、オーディエンスは盛大な歌声でそれに応えた。彼の「毎日が発見だらけなんですけど、これからも先輩たちの背中を追いかけてがんばるのでよろしくお願いします」という挨拶から「NEW ERA」がプレイされると、フロアは一気に色めき立つ。JQはリラックスした様子で伸びやかな歌声を届け、続く中田ヤスタカへとバトンを渡した。

4番手を務める中田ヤスタカは1曲目「Source of Light」からフロアに重低音を響かせ、観客のテンションを高めていく。スモークの演出や音楽に合わせたカラフルなLED照明が舞台を彩る中「NANIMONO(feat. 米津玄師)」「Love Don’t Lir(Ultra Music Festival Anthem)(feat. ROSII)」が流れると、観客はジャンプしたり手拍子をしたりと自由に中田のDJプレイを楽しんだ。彼はラストに「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」のテーマソング「Give You More」を投下して、イベント第1部の幕を閉じた。

第2部で4組は「日本の音楽」に焦点をあてたパフォーマンスを展開。水曜日のカンパネラは加山雄三「海 その愛」をアカペラで歌い始め、柔らかな歌声を会場中に響かせる。さらにコムアイの呼び込みを受けてシークレットゲストの加山雄三が現れると、フロアからはどよめき混じりの歓声が上がった。息の合ったデュエットのあと、加山はエレキギターを構えNulbarichと「Black Sand Beach」をセッション。拍手喝采の中ステージをあとにした。

加山を送り出したNulbarichは、小泉今日子「あなたに会えてよかった」をしっとりとカバー。続く中田ヤスタカは、大胆にアレンジされたきゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」で会場のムードを一変させる。そしてトリを飾るKICK THE CAN CREWは、そろいのダウンを着込んで登場。11月8日に配信リリースされることが決定したナンバー「クリスマス・イブRap」を届け、一足早いクリスマス気分を盛り上げた。KICKのアクト終了後、4組はそれぞれのステージに再登場。互いを褒め称えるように拍手を贈り合い、イベントを締めくくった。

※水曜日のカンパネラ「えい政」の「えい」は、「亡」「口」を縦に重ね、その下に「月」「女」「凡」を列記。

音楽ナタリーをフォロー