音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ねごと、Creepy Nuts相手に“熱くかました”対バン企画

388

ねごと(Photo by AZUSA TAKADA)

ねごと(Photo by AZUSA TAKADA)

ねごと主催のライブイベント「ねごと presents ETERNALBEAT NIGHT」が、6月26日に東京・LIQUIDROOM、翌27日に大阪・梅田CLUB QUATTROで行われた。

2日間の公演にはCreepy Nuts(R-指定&DJ 松永)がゲスト出演し、異色の競演に会場は大盛り上がりとなった。この記事では東京公演の模様をレポートする。

イベントは、ゲストのCreepy Nutsが先攻を務める形でスタート。マイクを持って意気揚々と登場したR-指定は「リキッド、調子はどうですか?」と挨拶をしながら、DJ 松永がスピンするトラックに乗せて勢いよくラップを始める。ねごとのバンド名を盛り込んだコール&レスポンスでフロアを温めた後、「助演男優賞」「たりないふたり」を投下。R-指定の繰り出すキレのあるラップに誘われるように自然とクラップが起き、2人はその光景を前に「あったかい……お客さんあったかい」「(お客さんに)甘やかされてる」としきりに口にする。またR-指定とDJ 松永はMCでも絶妙な掛け合いを繰り広げ、ねごとファンとコミュニケーションを図ったり、会場を味方につけていった。

ひと際盛り上がりを見せたのは、観客から挙がったお題を組み込みフリースタイルラップを行うおなじみの“聖徳太子フリースタイル”のコーナー。「魔女の宅急便」「サグマイライフ」「ハンマーカンマー」「バンホーテン」といったお題が寄せられ、R-指定が各ワードを巧みに盛り込みながらラップを披露すると「おおーっ!」という歓声があちこちから沸いた。最後に2人はASIAN KUNG-FU GENERATIONの代表曲「リライト」をCreepy Nuts流に再構築したカバーを投下し、シンガロングを巻き起こすなど一体感を作り出してステージをあとにした。

対するねごとは、華やかな映像演出を交えながら「ETERNALBEAT」でオープニングを彩り、自分たちの世界を作り上げる。さらに4人は、軽やかなサウンドと蒼山幸子(Vo, Key)のキュートな歌声でフロアを揺らす「DESTINY」、沙田瑞紀(G)が弾くエモーショナルなギターの音色が響く「Ribbon」など最新アルバム「ETERNALBEAT」からの楽曲を惜しみなくプレイ。合間のMCで蒼山は「Creepy Nutsに負けないように、熱くかましていこうと思うのでよろしくお願いします」と気合のほどをオーディエンスに伝えた。

中盤で彼女たちは「mellow」でタイトル通りメロウなムードを作り出すなど、チルアウトする時間を設けつつ、後半では「アシンメトリ」や「メルシールー」などオーディエンスを踊らせていく楽曲をプレイ。最新曲「DANCER IN THE HANABIRA」では、幾何学的な映像をバックに藤咲佑(B)がシンセベース、沙田がシンセサイザーを奏で、澤村小夜子(Dr)がドラムで強烈なグルーヴを生み出し、エネルギッシュなアンサンブルでオーディエンスを酔わせていた。

ストイックな本編とは相反するように、アンコールはアットホームな空気の中でスタート。蒼山は「けっこうスケールの大きな曲で驚いたと思うんですけど」と「DANCER IN THE HANABIRA」について説明しつつ、「これからライブで鳴らしていくので愛してあげてください」と口にする。そして映画「トリガール!」の主題歌に決定したスピッツ「空も飛べるはず」のカバーで、観客を温かく包み込んだ。イベントのクライマックスでは、高速のビートで駆け抜ける新曲と、キラーチューン「カロン」の2曲でフロアが再び沸騰。爽快な余韻を残して「ETERNALBEAT NIGHT」東京公演は幕引きとなった。

音楽ナタリーをフォロー