音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

欅坂46「なんでもなかった4月6日が特別な日に」大きな欅の木の下で1周年

2774

「欅坂46 デビュー1周年記念ライブ」の様子。

「欅坂46 デビュー1周年記念ライブ」の様子。

欅坂46がデビュー1周年を迎えた昨日4月6日、東京・国立代々木競技場第一体育館でワンマンライブを行った。

乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾グループとして、2016年4月6日にシングル「サイレントマジョリティー」で華々しいデビューを飾った欅坂46。あれからちょうど1年、彼女たちは国立代々木競技場第一体育館を埋め尽くす大勢のファンに囲まれて1歳の誕生日を祝福された。ステージには大きな欅の木がそびえ立ち、その左右には巨大なスクリーンが並ぶ。まずは平手友梨奈らメンバーがこの1年を振り返る映像が流れ、1曲目「サイレントマジョリティー」のイントロが流れると、欅の木のふもとにはメンバー21名のシルエットが浮かんだ。

平手をセンターに据え、息の合ったフォーメーションで「サイレントマジョリティー」を披露した欅坂46は、ここから「サイマジョ」のカップリングナンバーを続けて歌っていく。キャプテン菅井友香、副キャプテン守屋茜が人形をステージのどこに置くかで揉める様子が、曲中でそのままドラマチックに展開される「手を繋いで帰ろうか」、長濱ねるがMCで感想を伝えているうちにバスに乗り遅れる様子がLEDを使った演出で表現されたソロ曲「乗り遅れたバス」、アリーナ後方に設置された電車風のゴンドラで吊り革や手すりを使ってパフォーマンスする平手のソロ「山手線」、今泉佑唯と小林由依によるフォークデュオ・ゆいちゃんずが欅の切り株に座ってギターを弾き語る「渋谷川」と、工夫を凝らした演出が次々と登場した。冒頭のMCでは、ロウソクが1本立てられたケーキがステージに運ばれ、ファンが大合唱で欅坂46の誕生日をお祝いする場面も。またステージには長濱が兼任メンバーとして活動する“ひらがなけやき”ことけやき坂46も登場し、要所要所でフレッシュなパフォーマンスを見せた。

この日のライブはこれまでに発表された4枚のシングルをリリース順に並べ、この1年の歴史を振り返るような構成となっていた。けやき坂46によるオリジナルナンバー「ひらがなけやき」から、ライブは2ndシングル「世界には愛しかない」のゾーンへ。菅井、守屋、志田愛佳、渡辺梨加、渡邉理佐の5人はゴンドラでアリーナを大きく8の字に回りながら「青空が違う」を歌い、平手はダンサーを従えたソロ「渋谷からPARCOが消えた日」でクールに決める。強烈なビートのEDMに乗せてダンスパフォーマンスから「語るなら未来を」へとつなぎ、一瞬の沈黙ののち「世界には愛しかない」のイントロが流れると、場内には大きな歓声が沸いた。

ライブ後半、3rdシングル「二人セゾン」のゾーンは、上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、梨加、理佐の5人からなるユニット・FIVE CARDSのナンバー「僕たちの戦争」で幕を開けた。この曲ではステージ背面の上下を覆うLEDにカラフルなグラフィックが映し出され、そこには「Graphic Design by SHIORI SATO」の文字が。これはメンバー佐藤詩織によるデザインだ。続く平手&長濱の「てちねる」とゆいちゃんずの合体ユニット「てちねるゆいちゃんず」は2手に分かれて2階席通路をゴンドラで移動しながら「夕陽1/3」を歌い、会場の最後方で合流すると1周年を祝うファンの寄せ書きを紹介。その後の場面転換時には、ひらがなけやきメンバーがジャグリングやテニス、一輪車などそれぞれの特技を織り交ぜたダンスでつなぎ、四つ打ちのダンスチューン「誰よりも高く跳べ!」を披露した。

後半のMCは、メンバー初主演作となった昨年夏のテレビドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」撮影時の話題に。原田葵は「撮影現場でヨーグルトが流行って、メンバーみんな持ってきてたけど、入れすぎて冷蔵庫が壊れて。みんなガムテープでドアを閉めてた」とほっこりするエピソードを披露した。3rdシングル「二人セゾン」の振り返りトークでは、3作目にして初めて1列目のフォーメーションを任された齋藤冬優花が、今泉に対し「選抜発表のあと、肩をポンと叩いて『がんばろうね』って言ってくれたよね? あれはなんでだったのか今聞こうと思って」と質問をぶつける。今泉はこれに対し「いつもフーちゃん(齋藤)は守ってるから、今度は私が後ろから支えたいと思って」と回答。秘められた友情エピソードが明かされ、場内は温かいムードに包まれた。メンバーがひとしきり話を終えると、副キャプテン守屋が突然「ここでみんなにサプライズ」と宣言し、ステージ左右のスクリーンに注目させる。すると、彼女たちのレギュラー番組「欅って、書けない?」のMC、澤部佑(ハライチ)と土田晃之から1周年を祝福する愛あるメッセージが流された。

「まだまだ盛り上がっていけますか?」というキャプテン菅井の煽りからライブを再開させた欅坂46は、「制服と太陽」「大人は信じてくれない」、そして「二人セゾン」と3rdシングルからの楽曲を連発。菅井と守屋が1年を振り返る幕間映像を挟み、ライブ初披露の「エキセントリック」から4月5日に発売されたばかりの最新シングル「不協和音」のゾーンへと突入する。「エキセントリック」はラップの要素を取り入れた、欅坂46にとって新機軸のナンバーで、メンバーのラフなファッションも新鮮に映った。平手&長濱の「てちねる」が清楚なセーラー服で歌うデュエットソング「微笑みが悲しい」、この日3曲目となるゆいちゃんずの「チューニング」、志田、菅井、守屋、梨加、理佐のユニット・青空とMARRYがキスシーンや抱擁で魅せる「割れたスマホ」、ひらがなけやきの「僕たちは付き合っている」と新曲が次々と歌われ、場内の熱気は最高潮。ラストは複雑かつドラマチックなダンスが魅力の「不協和音」で締めくくられ、平手が絶叫するセリフ「僕は嫌だ!」が国立代々木競技場第一体育館の広い空間にこだました。

アンコールでは、欅坂46のライブ登場曲「overture」に入るシンガロングパートを、この日の観客の声で録音することに。2度の練習を経て収録された声は、今後彼女たちのライブで使用される「overture」にミックスされる。またアンコールでは長濱から、欅坂46とけやき坂46の総勢32名で初めて歌うオリジナルソング「W-KEYAKIZAKAの詩」のミュージックビデオに関する報告が。この曲のMVはひらがなけやきの高瀬愛奈が都合により参加できず31名で撮影されていが、「32人のMVが観たい」というファンの要望を受け、新たなMVの撮影が決まったという。高瀬に観客から大きな拍手が送られたが、ひらがなけやきにはここで突然「緊急報告!」として、この夏メンバー増員のためのオーディションが開催されることが告げられた。オーディションの詳細は追ってアナウンスされる。

尾関梨香は緑色のペンライトで埋め尽くされた会場を改めて見渡し、「どこを見ても四方八方お客さんに見守られて……生まれてきてよかった!」と感極まった様子。キャプテン菅井は「これまでなんでもなかった4月6日ですが、欅坂46に入って特別な日になりました。これからもよろしくお願いします」と丁寧に感謝の言葉を述べた。そして最後は32名がずらりとステージに並び、「W-KEYAKIZAKAの詩」を披露。場内を埋め尽くした緑のサイリウムが、サビのフレーズ「欅坂 けやき坂」に合わせて欅坂46を象徴する三角形の形に振られ、欅坂46満1歳の誕生日はピースフルなムードで幕を下ろした。

欅坂46 デビュー1周年記念ライブ
2017年4月6日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか
03. 乗り遅れたバス
04. 山手線
05. 渋谷川
06. キミガイナイ
07. ひらがなけやき
08. また会ってください
09. 青空が違う
10. ボブディランは返さない
11. 渋谷からPARCOが消えた日
12. 語るなら未来を…
13. 世界には愛しかない
14. 僕たちの戦争
15. 夕陽1/3
16. 誰よりも高く跳べ!
17. 制服と太陽
18. 大人は信じてくれない
19. 二人セゾン
20. エキセントリック
21. 微笑みが悲しい
22. チューニング
23. 割れたスマホ
24. 僕たちは付き合っている
25. 不協和音
<アンコール>
26. W-KEYAKIZAKAの詩

音楽ナタリーをフォロー