音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

欅坂46、デビュー日に渋谷で1日店員「ここからがスタート」

618

左から渡邉理佐、渡辺梨加、鈴本美愉、平手友梨奈、今泉佑唯、小林由依、菅井友香。

左から渡邉理佐、渡辺梨加、鈴本美愉、平手友梨奈、今泉佑唯、小林由依、菅井友香。

欅坂46が本日4月6日に東京・渋谷のCDショップ3店舗にて1日店員を務めた。

この日シングル「サイレントマジョリティー」でデビューを果たした彼女たち。シングルのジャケット、アーティスト写真および表題曲のミュージックビデオを渋谷にて撮影したことから、タワーレコード渋谷店、HMV&BOOKS TOKYO、SHIBUYA TSUTAYAの3店舗にて1日店員として店頭に立った。

タワーレコードでの1日店員を務めたのは今泉佑唯、小林由依、菅井友香、鈴本美愉、平手友梨奈、渡辺梨加、渡邉理佐の7名。彼女たちは駆け付けたファンに見守られる中、さっそく店員のエプロンを着用し「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「またお越しくださいませ」と大きな声で挨拶する。続けて陳列棚に「サイレントマジョリティー」を並べて、ポップにサインを書き入れた。最後に代表して平手が「4月6日に『サイレントマジョリティー』でデビューしました。より多くの方に聴いていただきたいので、どうぞよろしくお願いします!」とアピールして、タワーレコードでの1日店員を終えた。

イベント後の囲み会見でデビュー日を迎えた感想を聞かれると、彼女たちは「うれしさと同時にプレッシャーも感じる」(渡邉理佐)、「ここからがスタートだと思う。最高のアイドル目指してがんばっていきたい」(菅井)など、1人ひとりが期待と使命感を胸にしている様子を明かす。また「サイレントマジョリティー」の聞きどころについては今泉が「強い意思が込められた歌詞。ミュージックビデオにも注目していただけたら」と語り、鈴本は「自分はダンスが得意なのでグループを引っ張っていけたら」と意欲を見せた。また1日店員としてタワーレコードのエプロンを付けた感想を平手は「店員さんになった気分。大きな声で挨拶するところなど、私たちも見習っていきたい」と述べる。さらに記者から乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」はオリコン週間CDシングルランキングで初登場2位だったことを告げられ、「1位を目指しますか?」と尋ねられると、平手は「目指したい気持ちはありますが、プレッシャーもある。少しずつ坂を登っていきたい」と今後の目標を口にした。

なおこの日、HMV&BOOKS TOKYO、SHIBUYA TSUTAYAにはほかのメンバーが赴き、それぞれ1日店員を務めた。

※記事初出時、見出しおよび本文で「1日店長」と記載しておりましたが、正しくは「1日店員」でした。またHMV&BOOKS TOKYO、SHIBUYA TSUTAYAにもタワーレコード同様の7名が訪問したと記載しておりましたが、正しくは別のメンバーとなります。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー