音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

欅坂46、デビュー2周年記念ライブで力強い決意「私たちを信じてください」

3675

「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」4月8日公演の様子。

「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」4月8日公演の様子。

欅坂46が4月6~8日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて、デビュー2周年を記念したワンマンライブ「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を行った。この記事では本日8日公演の模様をレポートする。

各日約8000人ずつ、3日間でのべ2万4000人近くの観客を動員した「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」。今回の公演を欠席した平手友梨奈、志田愛佳を除く欅坂46メンバーはロング丈の赤いMA-1を身にまとい、最新シングル曲「ガラスを割れ!」でライブをスタートさせた。火柱の演出に合わせて力強いパフォーマンスを繰り広げた彼女たちは、続けて雷を連想させる照明演出から「避雷針」を披露したほか、花道でつながったメインステージと会場中央のセンターステージを移動しつつ「君をもう探さない」「もう森へ帰ろうか?」といったナンバーで序盤から会場を盛り上げていった。

ファッション雑誌「non-no」でモデルを務める渡邉理佐が「この1年みんなそれぞれ欅坂を背負って仕事をしていて、ありがたい1年でした」と語るなど、この1年間の活動を思い思いに振り返ったメンバーは、その後ユニット曲を次々と披露。ステージ上の劇場ふうの幕から姿を現した上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未は「バレエと少年」を、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉は真っ白な衣装で「波打ち際を走らないか?」を、小池、小林由依、鈴本美愉、渡邉はキレのある踊りと共にダンストラック「AM1:27」を届けた。また今泉佑唯はセンターステージでソロ曲「再生する細胞」を熱唱し、石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂は星空を表現した照明をバックに「結局、じゃあねしか言えない」をパフォーマンス。また長濱ねるはうさぎのキャラクターを引き連れてソロナンバー「100年待てば」を歌唱し、ユニット曲のブロックの最後には尾関、小池、長濱が椅子に座ったり机の上に腰掛けたりしてキュートに歌う「バスルームトラベル」が披露された。

今泉と小林のユニット“ゆいちゃんず”が「1行だけのエアメール」をしっとりと歌い上げ、「ゼンマイ仕掛けの夢」をアコースティックギターで弾き語ったあと、欅坂46は「月曜日の朝、スカートを切られた」「エキセントリック」をクールにパフォーマンス。昨年の東京・国立代々木競技場第一体育館でのデビュー1周年記念ライブの模様や、この1年間のグループの活動をダイジェストで収めた映像の上映後には「国境のない時代」「東京タワーはどこから見える?」を熱演し、会場のボルテージを高めていった。さらに「危なっかしい計画」でファンと一緒にタオルを勢いよく振り回し、軽快なステップに合わせて「風に吹かれても」を歌唱した彼女たちは、「不協和音」を本編最後に歌唱。曲中には今回同曲でセンターを務めた菅井による「僕は嫌だ!」というセリフが会場に響きわたった。

アンコールで再びステージに現れた欅坂46は「二人セゾン」を歌唱してから、鈴本をセンターに据えて「サイレントマジョリティー」をパフォーマンス。MCでは石森が「皆さんのおかげで達成感の気持ちでいっぱです」と声を詰まらせながら話し、米谷は「こういうライブを作れて本当によかったなと思います」と感慨深げに語った。昨年の1周年記念ライブに引き続き、会場の観客の声で「overture」のシンガロングパートを録音したあとには、キャプテンの菅井が「今日はてち(平手)や愛佳は欠席しちゃったけど、私たちが成長することで安心して戻ってこられる居場所を今は作りたいです。そのためにもっと気を引き締めて初心に返って成長したいと思います。3年目を迎えたわけですけど、今までの私たちとは違います。私たちを信じてください」としっかりとした口調で決意を述べた。そして彼女たちはラストナンバーとして「太陽は見上げる人を選ばない」を歌ってステージから捌けるも、鳴り止まないダブルアンコールに応えて再々登場。この2回目の「ガラスを割れ!」を披露し、「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を締めくくった。

欅坂46「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」
2018年4月8日 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ セットリスト

01. ガラスを割れ!
02. 避雷針
03. 君をもう探さない
04. もう森へ帰ろうか?
05. バレエと少年 / 上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未
06. 波打ち際を走らないか? / 菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐
07. AM1:27 / 小池美波、小林由依、鈴本美愉、渡邉理佐
08. 再生する細胞 / 今泉佑唯
09. 結局、じゃあねしか言えない / 石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂
10. 100年待てば / 長濱ねる
11. バスルームトラベル / 尾関梨香、小池美波、長濱ねる
12. 1行だけのエアメール / 今泉佑唯、小林由依
13. ゼンマイ仕掛けの夢 / 今泉佑唯、小林由依
14. 月曜日の朝、スカートを切られた
15. エキセントリック
16. 国境のない時代
17. 東京タワーはどこから見える?
18. 危なっかしい計画
19. 風に吹かれても
20. 不協和音
<アンコール>
21. 二人セゾン
22. サイレントマジョリティー
23. 太陽は見上げる人を選ばない
<ダブルアンコール>
24. ガラスを割れ!

音楽ナタリーをフォロー