ムーンライダーズのデモ&未発表曲集が新音源追加で復活

現在入手困難となっているムーンライダーズのデモ&未発表音源集が、新たなボーナストラックを加えた新装盤「moonriders In Search of Lost Time Vol.1」として10月21日にリイシューされる。

アルバム「moonriders In Search of Lost Time Vol.1」のジャケット。もちろん「Damn! moonriders」とは全く異なったデザインとなっている。

アルバム「moonriders In Search of Lost Time Vol.1」のジャケット。もちろん「Damn! moonriders」とは全く異なったデザインとなっている。

大きなサイズで見る(全1件)

本作はもともとムーンライダーズの20周年を記念して1997年に企画されたCD-ROM+CD2枚組アルバム「Damn! moonriders」の、DISC2に収録されていたデモ音源集。これを再編集し、新たに90年代以降のデモ音源をボーナストラックとして加えたのがこの作品だ。なお「Damn! moonriders」はすでに廃盤となっており、ムーンライダーズ作品の中でも希少なアイテムとされている。

収録曲はどれもこの作品でしか聴くことのできないレア音源ばかり。「くれない埠頭」「青空のマリー」「僕はスーパーフライ」「30」といったクラシックスのデモや、「象のような女」「おやすみ」「先生パー」という本作で初めて存在が明らかになった未発表曲、1997年に「Damn! moonriders」のために制作された「僕の努力」「I am a Robot Santa Claus」、そして今回新たに追加された「Pissisn' till I die」「ゆうがたフレンド (公園にて)」のデモなど、ファン垂涎の音源がリマスターされ収められている。

リンク

関連商品