音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48初のNY公演、熱狂的なファンに支えられ大成功

1

9月25~27日にニューヨークのJacob Javits Centerで開催された「NEW YORK ANIME FESTIVAL(NYAF)」に、Special Musical GuestとしてAKB48が招待された。

会期2日目の9月26日に行われたQ&Aセッション(プレスカンファレンス)には、AKB48メンバー6人(高橋みなみ、小嶋陽菜、前田敦子、秋元才加、大島優子、宮澤佐江)が参加。日本から渡米したファン数十名を含む350人を前に、あたたかい交流が行われた。

また、会場内特設ステージにて行われたミニライブでは、選抜メンバー12人がヒットシングルの数々を披露。開演10分前には1000人以上の現地ファンが殺到し、日本のライブ同様の盛り上がりをみせた。

ライブを終えた前田敦子(チームA)は、「あんなにたくさんの人が来てくれると思わなかったので、みんなガチガチでした。始まって一緒に踊っていても、隣のメンバーの緊張も伝わってくるほどでした。興味本位で来てくれた人も多かったと思いますが、みんな楽しんでくれてて、緊張がやわらぎ、楽しめました。またぜひ参加したいです!」と喜びをコメント。

秋元才加(チームK)は「ニューヨークはミュージカルなどが盛んなので、その中でパフォーマンスするのは緊張しました。観にきてくれた方がAKB48に興味を持ってくれて、WEBSTER HALLのライブに来てくれたり、友達との話題にしてくれたらうれしいです」と、前向きに感想を語った。

さらに、翌27日にはニューヨークの老舗クラブWEBSTER HALLにて、AKB48初の海外単独ライブを実施。事前の抽選によってチケットを入手した、現地のファン700名が会場に詰めかけた。

公演は代表曲「会いたかった」からスタート。熱狂的なニューヨーカーたちを前に、AKB48は「BINGO!」「大声ダイヤモンド」の英語バージョンを含む全17曲を熱唱した。ライブ終盤の「ひこうき雲」では、日本でのライブ同様にファンがスカーフを振り回し、会場全体が大きな盛り上がりを見せた。

「桜の花びらたち」で本編が終了すると、フロアからは予想外のアンコールを求める声が。ファンの声援に応える形で、彼女たちは「言い訳Maybe」「10年桜」などを歌い、続くダブルアンコールでは再び「ひこうき雲」を披露し、充実のステージを終えた。

「AKB48 in NYAF」(2009/9/26)セットリスト

00. Overture
01. 言い訳Maybe
02. 会いたかった
03. 10年桜
04. 涙サプライズ!
05. 大声ダイヤモンド (English ver.)

参加メンバー
チームA:板野友美・北原里英・小嶋陽菜・佐藤亜美菜・高橋みなみ・前田敦子・峯岸みなみ・宮崎美穂
チームK:秋元才加・小野恵令奈・大島優子・宮澤佐江

「AKB48 Live in NY」(2009/9/27)セットリスト

00. Overture
01. 会いたかった
02. Baby! Baby! Baby!
03. 涙サプライズ!
04. 渚のチェリー
05. Bye Bye Bye
06. 雨の動物園
07. 嘆きのフィギュア
08. Blue rose
09. 僕の太陽
10. BINGO! (English ver.)
11. 大声ダイヤモンド (English ver.)
12. ひこうき雲
13. 桜の花びらたち
--ENCORE--
E1. 言い訳Maybe
E2. 10年桜
E3. 大声ダイヤモンド (English ver.)
--ENCORE--
E4. ひこうき雲

参加メンバー
チームA:板野友美・北原里英・小嶋陽菜・佐藤亜美菜・高城亜樹・高橋みなみ・藤江れいな・前田敦子・峯岸みなみ・宮崎美穂
チームK: 秋元才加・小野恵令奈・大島優子・宮澤佐江
チーム研究生:岩佐美咲・佐藤すみれ

音楽ナタリーをフォロー