石川さゆりが“毎年違う”「天城越え」アピール、坂本冬美は姪っ子との秘話明かす

77

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事では島津亜矢、坂本冬美、五木ひろし、石川さゆりのコメントを紹介する。

石川さゆり

石川さゆり

大きなサイズで見る(全11件)

島津亜矢

島津亜矢[拡大]

島津亜矢

2年連続出場となる島津亜矢は、美空ひばりの「川の流れのように」を歌唱する。島津は「私のような歌手には荷が思く……緊張の日々を過ごしています」と苦笑。しかし「大きなチャレンジですが、ひばりさんに一歩でも近づけるように努めさせていただきます」と決意を込めて話した。また地元熊本が震災にあったことについて触れ、「リハーサルで歌っていても頭に浮かんで。1日も早く元の生活に戻れることを祈って、私もできることをしたいと。そんな思いを重ねながら歌いたいです」と思いを明かした。

坂本冬美

坂本冬美[拡大]

坂本冬美

今年の紅白では通算6回目となる「夜桜お七」を歌唱する坂本冬美。音合わせを終えて「今回は蜷川(実花)さん、菅原(小春)さんとのコラボですから。永久保存版になりますよ」と力強くアピールする。さらに菅原のダンスについて「リハーサルのときは余裕があるのでダンスを間近で見ていて。カッコよすぎて鳥肌が立ちました」と太鼓判を押した。また彼女は「姪っ子が初めて『すごーい!』って言ってくれて。私じゃなくて、小春さんが踊ることについてなんですけどね」と話し、報道陣の笑いを誘った。

五木ひろし

五木ひろし[拡大]

五木ひろし

今年で46回連続出場の五木ひろしは、出身地・福井を舞台とした「九頭竜川」を歌うことについて「故郷の歌を歌えることをうれしく思います」と笑顔を浮かべる。また、昨年の三山ひろし、山内惠介に続き、今年は市川由紀乃が初出場を果たしたことを「若手が頑張ることは演歌、歌謡曲というジャンルにとっていいことだと思う。メールを送ってお祝いしました」と喜び、出場歌手中最年長という自身のポジションに「こういうときが来るとは夢にも思わなかった」と驚きつつ「変わらず支えてくれる人のおかげです」とファンへの感謝を述べた。

石川さゆり

石川さゆり[拡大]

石川さゆり

紅組のトリを務める石川さゆりは、当日歌唱する「天城越え」について「1番最初に紅白で歌ったのは28歳の時で。それから何回も歌わせていただいて、『今年も?』って方もいれば『やった!』って言ってくださる方もいるんです。私にとってはどの曲も大切な楽曲なんですけれど、この曲を聴いて『ああ、正月が来るな』と思っていただけたらうれしいですね」と述べる。そして視聴者に対して「同じ『天城越え』を歌っているようで、毎年違うことをやっているのでね。それを楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

この記事の画像(全11件)

関連記事

石川さゆりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 石川さゆり / 坂本冬美 / 山内惠介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。