「芝居が自分自身かわからなくなる」大竹しのぶ、紅白歌手としての胸中明かす

48

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事では大竹しのぶのコメントを紹介する。

大竹しのぶ

大竹しのぶ

大きなサイズで見る(全3件)

紅白初出場となる大竹は現在の心境を問われると「私自身も驚いたんですけど、周りの反響がすごくて。LINEとかメールが69件来ました」とほがらかに話した。また「なんで私が? という気持ちも正直ありましたが(笑)、そういう機会をいただいてすごくありがたいなと」と笑顔を見せた。

大竹は当日歌唱する「愛の讃歌」については「この歌を歌うとき、愛する人を亡くしたお芝居とリンクするので……芝居して歌うのか、自分自身かわかんなくなっちゃいますね」と語る。そして最後に「音楽をやり始めたことが、こんな形で結果として出せたのは私にとって大きなことで。がんばるといいことがあるんだなって思いました」と充実した1年間を振り返った。

この記事の画像(全3件)

関連記事

大竹しのぶのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 大竹しのぶ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。