BiSH、涙こらえしばしの別れ「無敵なアイナ・ジ・エンドで帰ってきます」

1965

BiSHが昨日12月1日に東京・TSUTAYA O-EASTにて入場無料のライブ「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」を開催した。

アイナ・ジ・エンド(撮影:外林健太)

アイナ・ジ・エンド(撮影:外林健太)

大きなサイズで見る(全8件)

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)[拡大]

メインボーカルのアイナ・ジ・エンドが声帯結節の手術を受けるため、本公演は彼女たちにとって東京での年内最後のライブ。それもあってこの日は平日にもかかわらず入場整理券の配布が開場前に終了し、会場には約1300人のファンが集まった。

ライブはキラーチューン「BiSH-星が瞬く夜に-」で幕を開け、10月発売のメジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」に収録された「本当本気」「DEADMAN」「オーケストラ」や、「beautifulさ」「スパーク」「MONSTERS」「OTNK」といった人気曲など13曲をノンストップでパフォーマンスした。

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)[拡大]

アンコールの声に呼び戻されてステージに再度メンバーが登場すると、アイナ・ジ・エンドは涙をこらえながら「ちゃんとこれからの人生も歌っていきたいから、手術することに決めました。絶対成功する気しかしてないし、無敵なアイナ・ジ・エンドで帰ってこようと思ってます。最後にみんなで1曲歌ってもらっていいですか?」と呼びかけ、「ALL YOU NEED IS LOVE」を熱唱。会場中で大合唱が沸き起こる。そして最後に彼女たちは、この日2回目となる「BiSH-星が瞬く夜に-」を披露。アイナ・ジ・エンドの「みんな、待っててね!」というコメントでイベントは締めくくられた。

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)

「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」の様子。(撮影:外林健太)[拡大]

なおBiSHは明日12月3日に大阪・ユニバースで行われるライブイベント「IDOL ROCKS! FESTIVAL 2016 in UNIVERSE~忘年会スペシャル~」をもって年内の活動を休止。2017年1月2、3日に東京・お台場エリアで開催されるライブイベント「TOKYO IDOL PROJECT×@JAM ニューイヤープレミアムパーティ2017」から治療を終えたアイナ・ジ・エンドが復帰し、1月8日から全国ツアー「BiSH NEVERMiND TOUR」をスタートさせる。

この記事の画像(全8件)

BiSH「BiSH FREE LIVE "iN THE END"」2016年12月1日 東京都 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. BiSH-星が瞬く夜に-
02. 本当本気
03. DA DANCE!!
04. ぴらぴろ
05. DEADMAN
06. ファーストキッチンライフ
07. beautifulさ
08. スパーク
09. Primitive
10. My distinction
11. オーケストラ
12. MONSTERS
13. OTNK
<アンコール>
14. ALL YOU NEED IS LOVE
15. BiSH-星が瞬く夜に-

全文を表示

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。