音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

原田知世、ブルーノートで「年下の男の子」キュートな振り付け

775

「年下の男の子」を振り付きで歌唱する原田知世。(撮影:黒田隆憲)

「年下の男の子」を振り付きで歌唱する原田知世。(撮影:黒田隆憲)

原田知世が11月19日に「原田知世『恋愛小説2~若葉のころ』 リリース・ツアー」の最終公演を東京・ブルーノート東京にて2部制で開催した。この記事では1部の様子をレポートする。

ツアーは原田が5月にリリースしたカバーアルバム「恋愛小説2~若葉のころ」を携えて行われていた。ブルーノート東京は、開演時刻になると、原田やバンマスの伊藤ゴロー(G)、伊藤彩率いるストリングスカルテットなど総勢12名がステージに現れた。

最初に披露されたのは、アルバム1曲目でもある竹内まりやの「September」のカバー。アルバムジャケットやミュージックビデオでも着用したノースリーブのワンピースを纏った原田は、軽やかなステップを踏みながら優しい歌声をファンに届けた。最初のMCで彼女は、アルバムがオリコン週間CDアルバムランキングで初登場4位にランクインしたことに触れ、「自分の作品がトップ10に入るのは約20年ぶりだったので驚きました。女優と並行して歌手としての活動もずっと続けてきましたが、今回皆さんのおかげでご褒美をいただけたようで、本当にうれしかったです」とファンに感謝の気持ちを語った。

その後原田は「子供の頃もっとも歌った大好きな曲」だという久保田早紀の「異邦人」や、オリジナルナンバー「うたかたの恋」を情感たっぷりに歌い上げる。太田裕美の「木綿のハンカチーフ」を歌ったあとは、キャンディーズの「年下の男の子」を振り付きで披露。彼女はライブに向けて動画サイトでキャンディーズの当時の振り付けを観ながら練習したとのことで、キュートなダンスに場内は大いに盛り上がった。

アンコールではしっとりとしたインストから松田聖子「SWEET MEMORIES」のイントロがスタートしたが、イントロの途中で突然演奏が止まる。不思議がる原田の前でバンドメンバーは「ハッピーバースデートゥーユー」を演奏し、ステージにはブルーノート東京のスタッフが用意した大きなバースデーケーキが登場。メンバーと観客は11月28日に誕生日を迎える原田を祝福した。彼女は感激のあまり目に涙を浮かべながら、「今年は、うれしいことや悲しいこと、いろんなことがありましたが、学んでまた少し成長できたかなと思える実りのある一年でした。来年はデビュー35周年ですし、また歌手としても女優としても、ファンの皆さんにお返ししていける、いい年にしていきたいと思います」と思いを述べた。

改めて披露された「SWEET MEMORIES」では、ストリングスの音色と原田の声がオーディエンスを魅了した。原田は最後にもう一度「September」を歌唱。客席から手拍子が起こる中、リラックスした歌声を届けてライブを締めくくった。

原田知世「原田知世『恋愛小説2~若葉のころ』 リリース・ツアー」
2016年11月19日 ブルーノート東京 セットリスト

01. September(竹内まりや)
02. やさしさに包まれたなら(荒井由実)
03. 秘密の花園(松田聖子)
04. 異邦人(久保田早紀)
05. うたかたの恋
06. 木綿のハンカチーフ(太田裕美)
07. キャンディ(原田真二)
08. 年下の男の子(キャンディーズ)
09. ドント・ノー・ホワイ(ノラ・ジョーンズ)
<アンコール>
10. SWEET MEMORIES(松田聖子)
11. September(竹内まりや)

音楽ナタリーをフォロー