音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

オオルタイチ&YTAMOのユニットゆうき、初アルバムに伊藤大地ら参加

97

ゆうき

ゆうき

ゆうきの1stアルバム「あたえられたもの」が12月14日にリリースされる。

ゆうきはオオルタイチ(Vo, G)とYTAMO(Vo, Key)によるユニットで、2人が中心メンバーであるウリチパン郡の活動休止後に結成された。これまでにオオルタイチ+ウタモ名義で自主制作盤「ihati EP」や、キセルとの共作CD「ともしび」を発表。2016年にはユニット名義をゆうきに変更し、CD-R作品「ihati EP / 2」を発売した。

彼らにとって初のアルバムとなる「あたえられたもの」には、表題曲のほか「ihati EP」にも収録された「夢の山」など9曲を収録。レコーディングには伊藤大地、シャンソンシゲル、田中馨、波多野敦子、濱本大輔が参加した。またミックスとマスタリングは西川文章、ジャケットアートワークやアーティスト写真は飯川雄大が手がけている。

ゆうき「あたえられたもの」収録曲

01. 虹色シャワー
02. 月のビタミン
03. 忘れたい気持ち
04. 夢の山
05. おはよう
06. シャンシャン
07. 金箔の波の泡
08. 夜明けの獅子
09. Plant
10. あたえられたもの

辻村豪文(キセル)コメント

二人の奏でるメロディや歌の向こうにある匂いや風景には、なんでか親戚(年齢的にはいとこ)みたいな、不思議な親近感と距離感があって、いつも刺激をもらってます。共演や観に行ったライブで馴染んだ曲が、やっとアルバムで聴ける嬉しさもありつつ、装いも新たに色褪せない曲たちの先々の幸運を祈ってます。アルバム発売おめでとう!

辻村友晴(キセル)コメント

2人が見せてくれる少し心細くも心地いい世界が僕は好きです。新たにこんなにもかっこいいアルバムを聴く事が出来て幸せです。名曲揃いのアルバム、「あたえられたもの」完成おめでとうございます。

音楽ナタリーをフォロー