音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

シャム、ヨギーら8組が近郊型ゆるフェス「SLOW DAYS」で春風吹くステージ彩る

226

シャムキャッツ(撮影:小田部伶)

シャムキャッツ(撮影:小田部伶)

4月16、17日に埼玉・所沢航空記念公園 野外ステージにてライブイベント「SLOW DAYS」が開催された。

「SLOW DAYS」は野外オールナイトロックフェス「BAYCAMP」などを手がけるATフィールドが、“近郊型ゆるフェス”として始めた野外イベント。新緑に囲まれた野外ステージで行われたこのイベントにはYogee New Wavesシャムキャッツミツメnever young beachらが出演し、観客たちはビールやフードを片手に彼らのライブを楽しんだ。

初日の一番手・ドミコはひかる(Vo, G)のボーカルと彼がその場でサンプリングするギターの音色、そしてけいた(Dr)の生ドラムで楽曲を構築する2人組ユニット。アンビエントやサイケデリックなど、さまざまなジャンルの要素を内包する独自のサウンドで観客たちを酔わせた。続くROTH BART BARONはキーボードとホーン隊を率いた5人編成で登場。中原鉄也(Dr)がダイナミックに打ち鳴らすドラムのリズムを軸に、三船雅也(Vo, G)とサポートメンバーたちが歌声を響かせ、スケール感満点の楽曲の数々を届ける。最後の「アルミニウム」ではメンバーが楽器を持ってステージを飛び出し、観客たちの中に入ってアンプを使わずに演奏。三船の歌声が会場に高らかに響いた。ステージ前に観客が大勢集まる中、ミツメは須田洋次郎(Dr)のゆるやかなビートに乗せて、「春の日」でライブを始める。6月にリリースするアルバム「A Long Day」収録の「あこがれ」や「霧の中」など、そよ風の吹く野外ステージというロケーションにぴったりなナンバーを軽やかに鳴らした。

トリのYogee New Wavesは角館健悟(Vo, G)の1曲でも多く聴いてほしいという思いから、リハーサル時間に「Hello Ethiopia」を披露して観客を喜ばせる。いったんステージから捌け、再び持ち場につくと「Like Sixteen Candles」で演奏を開始。「Good Bye」や「Climax Night」など、人気のナンバーを会場に響かせた。日本大学芸術学部出身の角館は「母校が近くて帰ってきた気分なんだ。帰ってきたぞ!」と手を振り、日芸生時代の思い出話に花を咲かせる。バンドのハイテンションな演奏につられてオーディエンスが踊った「Fantastic Show」からラストの「Dreamin' Boy」まで駆け抜け、大盛り上がりのうちに本編を終えた。アンコールでは「Megumi No Amen」と「Listen」を披露。拍手喝采の中、彼らはステージを降りた。

時折小雨が吹き込む春の嵐の中での開催となった2日目のトップバッターは、4人組ラップクルーJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB。彼らは軽快なトラックに乗せて冗舌なラップでイベントのオープニングを飾った。never young beachは安部勇磨(Vo, G)が「晴れてよかったあ。イエーイ!」と太陽が出てきたことに歓喜し、その立ち振る舞いに客席から笑いが起こる中「夏がそうさせた」でライブを開始。彼らは「Motel」や「明るい未来」など6月8日にリリースする2ndアルバム「fam fam」の収録曲をいち早く披露し、陽気なサウンドで観客を踊らせる。続いて登場した踊ってばかりの国は下津光史(Vo, G)が気だるく歌う「よだれの歌」で演奏を始め、サイケデリックなサウンドで昼下がりの野外ステージを彩る。下津は「天国みたいやなあ、ここ」「めっちゃええ日やなあ」と顔をほころばせながら、バンドの演奏にビブラートの効いた歌声を絡めた。

夏目知幸(Vo, G)の「こんにちは! 太陽を呼ぶバンド、シャムキャッツです!」という挨拶とともに威勢よくステージに現れたのは2日間の大トリ・シャムキャッツ。彼らはポップさを持ったサイケなナンバー「GET BACK」や春の陽気にぴったりな「GIRL AT THE BUS STOP」などを演奏し、観客の体を揺らす。後半では夏の情景を描いたスローなラブソング「サマー・ハイ」や弾むリズムに軽やかなギターサウンドが乗る「MODELS」といったナンバーを届け、最後に代表曲の1つ「AFTER HOURS」を披露した。アンコールを受けて再登場したシャムキャッツは、まず乾杯の音頭を取り、観客たちとドリンクを掲げる。そして「PM 5:00」をプレイし、2日間行われた「SLOW DAYS」の幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー