音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46生田絵梨花が主演、ミュージカル「リボンの騎士」本日開幕

860

「なかよし60周年記念公演 ミュージカル『リボンの騎士』」会見の様子。 (c)ミュージカル「リボンの騎士」製作委員会2015

「なかよし60周年記念公演 ミュージカル『リボンの騎士』」会見の様子。 (c)ミュージカル「リボンの騎士」製作委員会2015

乃木坂46の生田絵梨花が主演を務めるミュージカル「リボンの騎士」が本日11月11日より東京・赤坂ACTシアターにて開幕。本公演を前に出演キャストによる会見が実施された。

ミュージカル「リボンの騎士」は少女マンガ誌「なかよし」の創刊60周年を記念して上演される作品。生田が主人公・サファイアを演じるほか、サファイアの恋敵であるヘケート役として乃木坂46のキャプテン・桜井玲香が出演する。会見には生田、桜井、フランツ王子役の神永圭佑、海賊ブラッド役の青木玄徳、演出を手がける上島雪夫が参加。最初に生田が本作について「衣装やセット、映像など演出がキレイなので、それをお客さんと共有できると思うとうれしい」と開幕直前の心情を語り、また歌唱パートが多い今作について「歌の中で気持ちを高めたり、思いを乗せたりというのを意識した」と自身の努力したポイントを語った。桜井は本作がミュージカル初挑戦で、「超難しい。特にお芝居の延長として歌なので、いつもの歌とは違って難しかった」と苦悩を明かすも、上島は「普段から大きな舞台に立ってる人は違う」と彼女の役者ぶりを褒める。さらに上島は「(生田と桜井の)2人は幕が上がったら豹変すると思うので楽しみ」と2人への期待を寄せた。

本作は「少女クラブ」「なかよし」にて連載された、手塚治虫の代表作をミュージカル化したもの。生田は「おばあちゃんがアニメを観てたと喜んでくれたくらいなので、本当に広い世代の方が知ってるという緊張感やプレッシャーがある」と言い、桜井は「母が好きなアニメで、昔から観ていたのでうれしい」と話す。この歴史ある原作を若いキャストでミュージカル化した上島は「原作は僕自身が小さい頃の話で、それを今の若い人たちが生き直すように演じているのが面白い」と語った。

さらに生田は「サファイアは男と女、2人の人格を持っているので、人格がコロコロ変わっていくんです。そのスイッチの切り替えが見どころ」とアピール。神永は「赤坂ACTシアターに立つのが自身の目標だったのでその喜びを感じたい」と笑顔で語り、本作の見どころについては「この作品は愛がテーマなので、いろんな愛を感じていただけたら」と答えた。青木は「人生初のカラーコンタクトが外れないか不安」と冗談を織り交ぜつつ「歌やクラシックなセットなど、キレイな演出を楽しみに来てもらえたら」と語り、最後に桜井が「見どころが多すぎてあっという間だと思うので、1つも観逃さずに最後まで楽しんでもらえたらうれしい」と作品の魅力を語った。

ミュージカル「リボンの騎士」は本日から17日まで東京・赤坂ACTシアターで、12月3日から6日まで大阪・シアターBRAVA!で上演される。

なかよし60周年記念公演 ミュージカル「リボンの騎士」

2015年11月12日(木)~17日(火)東京都 赤坂ACTシアター
2015年12月3日(木)~6日(日)大阪府 シアターBRAVA!

<出演者>※カッコ内は役名
生田絵梨花(サファイア) / 神永圭佑(フランツ王子) / 青木玄徳(海賊ブラッド) / 赤澤燈(プラスチック) / 池田有希子(王妃) / 香取新一(王) / 野口かおる(乳母) / 千代田信一(博士) / 神田愛莉(天使チンク) / はいだしょうこ(ヘル夫人) / 根本正勝(ナイロン卿) / 八十田勇一(ジュラルミン大公) / 桜井玲香(ヘケート) ほか

※記事初出時より写真を追加しました。

音楽ナタリーをフォロー