音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

The Throttle、Suchmos、SANABAGUN.“兄弟”たちが「革命」起こした一夜

271

全出演者が集結したアンコールの様子。 (撮影:小見山峻)

全出演者が集結したアンコールの様子。 (撮影:小見山峻)

昨日10月26日、The Throttleが主催するライブイベント「The Throttle 1st ALBUM『GREATEST HITS』Premium Release Party ~革命~」が東京・WWWにて開催され、岩間俊樹(SANABAGUN.)、Suchmos、The Throttleが出演した。

この日出演した3組はいずれもSANABAGUN.を掛け持つメンバーが在籍していることもあり、各バンドが「ファミリー」や「兄弟」と口をそろえる親しい間柄。会場にもアットホームな雰囲気が漂う中、まずはSANABAGUN.でMCを務める岩間俊樹がソロラッパーとしてパフォーマンスを展開した。岩間は谷本大河(Sax)や澤村一平(Dr)といったSANABAGUN.の仲間をゲストに迎えつつ、配信ソロアルバム「JUST A STONE」やこのイベントにあわせてリリースしたアルバム「IWAMA TOSHIKI」のナンバーを熱く届けた。

続くSuchmosは「YMM」「Miree」といった人気の高い楽曲に加えて、計7曲のうち「S.G.S.2」「STAY TUNE」「FACE」「BODY」の4曲が新曲という攻めのアクト。SANABAGUN.のベーシストとしても活躍するHSU(B)は「本当に(Suchmosの)兄弟だと思ってるバンドはSANABAGUN.とThe Throttleだけ」と、The Throttle主催のこのイベントのステージに立っている感慨を語った。YONCE(Vo)も「革命だ、カモン!」と呼びかけ、グルーヴィな演奏と歌でオーディエンスを踊らせる。

そしてSANABAGUN.のボーカル・高岩遼がフロントマンを務めるもう1つのバンドThe Throttleが登場。高岩は「俺らの時代だ! 革命を起こすぞー!!」と叫び、1stアルバム「GREATEST HITS」の収録曲を次々と繰り出しながらロックンロール、ブルース、スウィングジャズなどを昇華させた独自のスタイルで場の空気を掌握していく。アンコールの曲間では、スポットライトの下で「Suchmosのファン、SANABAGUN.のファン、たくさんいるかもしれない。俺たちみんなそいつのためなら死ねるんだよ。そういう兄弟なんだよ」と熱弁し、インディペンデントに音楽を発信していくこだわりを話した上で「俺たちに投資してくれ、よろしく」と投げかけた。

フィナーレが近付くと、エディ・コクラン「Twenty Flight Rock」やチャック・ベリー「Roll Over Beethoven」のカバーが披露される中、SANABAGUN.の隅垣元佐(G)、高橋紘一(Tp)、谷本も演奏に参加。最後のナンバーのチャック・ベリー「Johnny B. Goode」のカバーではSuchmosやSANABAGUN.をはじめこの公演に関わったすべてのメンバーがステージに集結して歌い踊り、場内は祝祭ムードであふれかえる。高岩が「革命、起こりそうじゃねえ!?」と問いかけると、イベントの成功を物語るようにフロアから力強いレスポンスの声が上がった。

なお、SANABAGUN.は12月11日に大阪・CONPASS、16日に東京・渋谷CLUB QUATTROにてメジャーデビューアルバム「メジャー」のリリース記念パーティを実施する。

SANABAGUN.「『メジャー』リリースパーティー【渋谷ジョーク】」

2015年12月11日(金)大阪府 CONPASS
2015年12月16日(水)東京都 渋谷CLUB QUATTRO

音楽ナタリーをフォロー