音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

かまってちゃんの予定外の誘いに夙川ビックリ「お前はいちいち突然なんじゃ!」

335

神聖かまってちゃん(撮影:佐藤哲郎)

神聖かまってちゃん(撮影:佐藤哲郎)

神聖かまってちゃんが東名阪ツアー「Athena最前線」の最終公演を7月30日に東京・WWWで行った。このツアーは各会場に1組ずつゲストを招いて対バン形式で実施。名古屋のCharisma.com、大阪のきのこ帝国に続いて、東京公演にはN'夙川BOYSがゲストとして出演した。

N'夙川BOYSのライブが始まると、1曲目「プラネットマジック」でマーヤLOVEが早くもギターを弾きながら客席にダイブ。「気を抜いてたらどんどん飛ぶよ?」と観客に宣言し、続く「Freedom」でもオーディエンスの頭上に飛び込んだ。「Candy People」では曲の途中でマーヤLOVEが「行くぜ! これは君たちの歌だ!」と叫び、「昨日の夜、駅前TSUTAYAさんで僕はビートルズを借りた、夙川BOYSを借りた、だけど何がいいんだか全然わかりません!」と、神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」の替え歌を披露。そのまま「MD取ってもイヤホン取っても、なんでだ全然鳴り止まねえっ!」まで歌ったところで「そうなるぜ今日は! 帰り道に気をつけろ! なぜだか鳴り止まねえ、それがロックンロール!」とシャウトした。

その後「物語はちと?不安定」では、シンノスケBoysが会場の機材に貼られていた「スピーカーには絶対に登らないでください」と書かれた注意書きを口にくわえてスピーカーによじ登り、そこで渾身のギターソロを披露。ギターを弾きながら客席後方に移動してクラウドサーフでステージに戻るという、やりたい放題のパフォーマンスで会場を盛り上げた。さらにマーヤLOVEもクラウドサーフをしながら会場内を移動し、「イギー・ポップ以外で日本でこのポーズをやりだしたのは俺が最初や!」と豪語しつつ観客の上に立って、「ロックンロール!」というコール&レスポンスを観客と繰り広げた。

「物語はちと?不安定」が終わって彼らがラストナンバーの演奏を始めようとした瞬間、突然ステージに神聖かまってちゃんのの子(Vo, G)が叫びながら乱入。大事なところで腰を折られたマーヤLOVEは「出てくるなら出てくるってひと言言わんかーい!」「最後の曲に向かういいとこやったのにボケー!」と言いながら観客に「ボケ!」コールを促し、仕切り直して最後に「BANDがしたい!」を演奏した。ライブが終わるとマーヤLOVEは「みんながかまってちゃんを好きな理由がわかりました」と言ってステージを後にした。

続いて神聖かまってちゃんのライブがスタートすると、彼らは「自分らしく」「22才の夏休み」「躁鬱電池メンタル」「スピード」とアッパーな楽曲を休みなく披露。リズム隊の力強い演奏にリードされながら、バンドは一丸となって激しい熱を帯びながら突っ走っていく。ちなみにWWWは5年前のオープン時にかまってちゃんがこけら落としを担当した会場であり、彼らがここでライブを行ったのはその日以来2回目。メンバー同士でステージ上で大ゲンカになって、mono(Key)が舞台裏で壁を殴って骨折したことなど、彼らはMCで前回のライブを振り返って懐かしんでいた。

感情を込めて泣き顔で「ちりとり」を絶唱したの子は、「後ろのほうももっと来いよ! ステージに上がってこいよ!」とオーディエンスを扇動。の子とmonoがハンドマイクで掛け合いを展開する「彼女は太陽のエンジェル」では、ビートに合わせて手を振って踊る観客めがけての子が飛び込んでいった。の子はMCで「今日のライブはまったくギターを弾いてません。やっぱりライブではギターを弾いてるより動きがあるほうがいいよね」と言い、さらに「バカヤロー! てめえらも動けや! 俺は心でギター弾いてるんだ! 心で飛び込んでこいや!」と会場をアジテート。「あるてぃめっとレイザー!」が始まるとの子は前言通りギターを放り出して全身を激しく動かし、ダイブをして観客に担がれたまま熱唱した。演奏が終わってちばぎん(B)が「今の曲が最後でした」と告げると、の子がちばぎんに詰め寄って抗議し、「今日はお前が俺の骨を折ってみろ!」と大騒ぎ。そんなの子をちばぎんが担いでステージを後にし、ライブ本編は終了した。

アンコールではの子が観客に「今日夏休みって奴はどれくらいいる?」「じゃあ社畜は?」と聞いて挙手させ、「今手を挙げなかった奴は全員ニートか? そんなニートに捧げます」と言って「おっさんの夢」を演奏。途中での子はギターのチューニングが合っていないことに気付いたが、「チューニングなんてどうでもいいよ!」と言いつつ曲を止めずに歌い続けた。の子はその後「ここでスペシャルゲスト、N'夙川BOYSです」と言い出し、予定になかった展開にかまってちゃんのメンバーもびっくり。突然呼び込まれたため、リンダdadaは三つ編みを半分ほどきながら、シンノスケBoysは歯を磨きながらステージに現れ、マーヤLOVEは「お前はいちいち突然なんじゃ!」と苦笑していた。

の子は「今日は誰もステージに上がってこないし、誰も天井に突き刺さんない! こんなのおかしいだろ! みんな素っ裸になれよ!」とオーディエンスを焚き付けつつ、最後にN'夙川BOYSの3人を交えて「ロックンロールは鳴り止まないっ」を披露。の子とマーヤLOVEがキスをしたり、2人で客席にダイブしたりと、2バンドのメンバーは大暴れを繰り広げた。シャツが破れてボロボロになりながら、の子は「お前ら最高だぜ!」と観客に向けて絶叫。出演者全員で記念撮影をした後で、の子は来場者に「次のワンマンツアーもこの調子で行こうぜ!」と呼びかけた。

神聖かまってちゃん「Athena最前線」2015年7月30日(木)東京都 WWW セットリスト

N'夙川BOYS

01. プラネットマジック
02. Freedom
03. Don't Stop Baby
04. Boys and Girls
05. Candy People
06. 物語はちと?不安定
07. BANDがしたい!

神聖かまってちゃん

01. 自分らしく
02. 22才の夏休み
03. 躁鬱電池メンタル
04. スピード
05. 花ちゃんはリスかっ!
06. ちりとり
07. 彼女は太陽のエンジェル
08. ゆーれいみマン
09. あるてぃめっとレイザー!
<アンコール>
10. おっさんの夢
11. ロックンロールは鳴り止まないっ

音楽ナタリーをフォロー