KEMURIのホーン&coldrainの轟音、幕張で鳴り響く

431

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではSATAN STAGEに登場したKEMURIcoldrainのステージの様子をレポートする。

KEMURI(撮影:瀧本“JON…”行秀)

KEMURI(撮影:瀧本“JON…”行秀)

大きなサイズで見る(全10件)

KEMURI

KEMURI(撮影:瀧本“JON…”行秀)

KEMURI(撮影:瀧本“JON…”行秀)[拡大]

KEMURIは伊藤ふみお(Vo)の「準備いい!? OK!」という掛け声とともに1曲目に「New Generation」を披露。快活な演奏でオーディエンスのシンガロングを誘う。ステージ上のメンバーたちは体を左右に揺らしたりジャンプを繰り返したりとフロアに負けじとアクティブに動きながら楽曲を届けた。

約30分のライブで彼らは新旧交えたセットリストで楽曲を披露。さらに「Ato-Ichinen」では田中“T”幸彦によるギターのイントロにフロアから待ってましたと言わんばかりの大歓声が上がった。「I am proud」「白いばら」「PMA(Positive Mental Attitude)」を歌ったあと、伊藤は「SATANIC CARNIVAL'15」の運営スタッフらへ感謝の気持ちを伝える。そして「いろんなことがあるし、何が起こるかわからない。それが生きてるってことだけど、こういう場に来て自分たちの好きな音楽を演奏すればいいことが起きるって信じていて、明日も進んでいきたいなって思えます!」と思いを語り、拍手を浴びてからラストナンバー「SUNNY SIDE UP!」をプレイ。バンドは軽やかなダンスチューンを届けて笑顔でステージをあとにした。

coldrain

coldrain(Photo by Teppei Kishida)

coldrain(Photo by Teppei Kishida)[拡大]

SEにあわせて会場背面に掲げられたバンドのシンボルマーク型のライトが点灯し、観客の歓声に導かれるようにメンバーが登場。Masato(Vo)は右手に拡声器、左手にハンドマイクを持ってステージ上を動き回りながらオープニングナンバー「Aware And Awake」を歌い上げる。彼は抑揚が魅力の「Evolve」を歌唱したあと、フロアを眺めながら「メロコアというジャンルと肩を並べようと長年がんばってきたラウドロックバンドcoldrainです!」と自己紹介。ジャンルを問わず踊ってくれるキッズに喜びを伝え、歓声を送るフロアに向けてスクリームを響かせた。

妖艶なイントロとともに始まった「Inside Of Me」ではMasatoが「今日最大のサークルピット見せてくれよSATANIC CARNIVAL!!」と煽ってフロア前方左右に巨大なモッシュサークルを発生させ、演奏後にRxYxO(B)は楽器を掲げてキッズを賞賛する。バンドは「Six Feet Under」では轟音のアンサンブルと流麗なギターソロで楽しませ、ラストチューン「The Revelation」ではメンバーが全身を使って豪快なパフォーマンスを展開。怒涛のライブを終え、Masatoはピースサインを高らかに掲げた。

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

KEMURIのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 KEMURI / coldrain の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。