音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

つばき、仲間たちと歌った奇跡の一夜「正夢になったフェス」

298

「つばき15th Anniversary 正夢になったフェス」アンコールの様子。(撮影:古溪一道)

「つばき15th Anniversary 正夢になったフェス」アンコールの様子。(撮影:古溪一道)

6月6日に東京・LIQUIDROOMにて、つばきの結成15周年を記念したライブイベント「つばき15th Anniversary 正夢になったフェス」が開催された。

このイベントはつばきの自主企画「正夢になった夜」の“フェスバージョン”として行われたもの。つばきに加え、セカイイチ、佐々木亮介(a flood of circle)、明星/Akeboshi、音速ライン長澤知之、Hermann H. & The Pacemakers、LOST IN TIME中田裕二LUNKHEADといった、一色徳保(Vo, G)の病気療養のためつばきが活動を休止している期間に始動した「つばきフレンズ」のメンバーを中心とした面々が集結し、つばきの結成15周年を盛大に祝福した。

マスザワヒロユキ(テルスター、ザ・ガールハント、HotCake)によるオープニングDJが終わり、つばきを古くから知るラジオDJ・藤田琢己の呼び込みで一色が登場。一色は「仲間やスタッフに感謝したくて、このフェスを開きました。だからお世話になった人をたくさん呼びました。楽しんでいってください」と挨拶して、開会を宣言した。トップバッターを務めたセカイイチは「あかり」や「バンドマン」などの人気曲を歌い、続いて登場した佐々木亮介(a flood of circle)は即興ソング「正夢になったBlues」や6月17日にリリースするアルバム「ベストライド」の表題曲、つばき「覚めた生活」のカバーなど、貴重なセットリストでライブを展開して会場を沸かせる。

明星/Akeboshiは「Yellow Bird」や「Wind」、「Faerie punks」などをバックバンドを従えて披露。つばきとはメジャーデビュー時期が同じでいわば同期の音速ラインは、ゆるいトークを交えながら「みずいろの町」や「ビール」などバラエティに富んだ楽曲を次々投下していく。サブステージでは長澤知之が情熱的な歌声を響かせ、Hermann H. & The Pacemakersはアグレッシブなパフォーマンスで観客の視線を釘付けにしていた。

LOST IN TIMEは一色の提供曲「雨が降る夜」はもちろん、最新アルバム「DOOR」の収録曲や「30」などを演奏してファンを喜ばせる。海北大輔(Vo, B, Piano)は「これだけの仲間とつばきにおめでとうを言えるのがたまらなくうれしい」とまぶしい笑顔を見せていた。椿屋四重奏時代につばきとよく競演をしていた中田裕二はアコースティックギターを爪弾きながら、艶っぽい歌声で観客を魅了。最後に彼は「僕らは同志としてこれから『30代こそ最高の音楽が作れるぞ』とアピールしていきたい。お互いにがんばっていきましょう」とつばきにメッセージを送り、「静寂のホリゾント」を演奏した。

つばきの盟友でありライバルのLUNKHEADは「インディゴ」をはじめとするアッパーチューンでフロアを盛りあげる。小高芳太朗(Vo, G)は一色の壮絶な闘病生活について話したあと、この日つばきと競演できたことを喜び「つばきは世界一信じられるバンドやと思います。これからも一緒に切磋琢磨してきたい」と彼らにエールを送った。そしてバンドは最後に「うちにかえろう」を披露し、トリのつばきへバトンを渡した。

曽根巧と、大迫章弘(e-sound speaker)をサポートギタリストとして引き連れて登場したこの日の主役・つばきは「青」で演奏を開始。一色は「本当にこんなにたくさん来ていただいて感激しています。そこで改めて思ったのは、同世代の力はすごい。みんな人気あるなと思って」としみじみ話す。その後彼らはこの日来場者特典として配布したCDに収録されている新曲「虹を架ける」や最新アルバム収録の「フクロウ」などを披露。観客たちは手をあげながら体を揺らし、バンドの演奏を存分に楽しんだ。

終盤になると一色は「バンドを15年続けてきて、まさかこんな日が来るとは思いませんでした。出てくれたみんなも出会ってくれた皆さんも本当にありがとうございます。バンドを始めてから本当にみんなに助けてもらってばっかりなんですよ。まあ人徳かもしれないですけど(笑)」と照れ笑い。岡本奈穂子(Dr)は「(フェスが)終わってしまうね、寂しいね」と口にし、それに対して小川博永(B)は「今日という日は終わっちゃうけどさ、また会えるでしょ」と白い歯を見せる。そして一色の「まだまだ続いていくので、これからもよろしくお願いします」という言葉を経て、バンドは本編を「日々の扉」で締めくくった。アンコールではこの日出演したアーティストがステージに勢ぞろい。つばきの「太陽」を会場にいる全員で合唱したところで、約8時間にわたる「正夢になったフェス」はフィナーレを迎えた。

なおこの日つばきは11月に全国8カ所を回るワンマンツアー「石の上にも十五年」を開催することを発表。現在バンドのオフィシャルサイトではこのツアーのチケット先行予約を受け付けている。

つばき15th Anniversary 正夢になったフェス
2015年6月6日 LIQUIDROOM セットリスト

セカイイチ

01. シルクハット
02. New Pop Song Order
03. Empty
04. あかり
05. バンドマン

佐々木亮介(a flood of circle)

01. 正夢(スピッツカバー)
02. 正夢になったBlues
03. ベストライド
04. Trash Blues
05. 覚めた生活(つばきカバー)
06. l LOVE YOU
07. BLUES MAN

明星/Akeboshi

01. Usual life
02. Sounds
03. One step behind the door
04. Break the spell
05. Seeds
06. Yellow Bird
07. Wind
08. 曇り夜空
09. Faerie punks

音速ライン

01. 旅ガラス
02. みずいろの町
03. チルは散る
04. マジックワード
05. ビール
06. 街風
07. 週末旅行

長澤知之

01. センチメンタルフリーク
02. 享楽列車
03. いつものとこで待ってるわ
04. バニラ
05. 宛のない手紙たち
06. あんまり素敵じゃない世界

Hermann H. & The Pacemakers

01. 東京湾
02. Dance Don't Run!!
03. THE COMPOUNDER
04. 戦争とバースディ
05. アクション
06. MISTER MEMENTO
07. Rock IT Now!

LOST IN TIME

01. 366
02. 26
03. 雨が降る夜
04. 燈る街
05. 30
06. 希望
07. 明け星

中田裕二

01. 誘惑
02. 話をしないか
03. 薄紅
04. 髪を指で巻く女
05. 静寂のホリゾント

LUNKHEAD

01. ENTRANCE
02. インディゴ
03. スターマイン
04. 僕たちには時間がない
05. シンドローム
06. アルピニスタ
07. うちにかえろう

つばき

01. 青
02. 雨音
03. スタイル
04. 花火
05. 虹を架ける
06. フクロウ
07. 昨日の風
08. 日々の扉
<アンコール>
09. 太陽

つばき15th Anniversary ワンマンツアー「石の上にも十五年」

2015年11月3日(火・祝)宮城県 enn 2nd
2015年11月7日(土)北海道 BESSIE HALL
2015年11月14日(土)岡山県 CRAZYMAMA 2nd Room
2015年11月15日(日)福岡県 Queblick
2015年11月17日(火)愛媛県 松山サロンキティ
2015年11月21日(土)大阪府 Music Club JANUS
2015年11月22日(日)愛知県 ell.FITS ALL
2015年11月27日(金)東京都 渋谷CLUB QUATTRO

料金:前売3500円 / 当日4000円(ドリンク代別)
つばきオフィシャルサイト先行予約受付期間:2015年6月6日(土)~6月21日(日)23:00(先着)
チケット一般発売日:2015年9月12日(土)

つばき15th Anniversary正夢になった夜vol.17~15周年リクエスト編~

2015年9月11日(金)東京都 下北沢CLUB Que
<出演者>
つばき
料金:前売3500円 / 当日4000円(ドリンク代別)
チケット一般発売日:2015年7月11日(土)
サポートギター:大迫章弘 / 小佐井彰史

つばき一色徳保ソロワンマンライブ「~月曜の夜に会いましょう。渋谷編vol.3~」

2015年7月13日(月)東京都 渋谷7th FLOOR
<出演者>
一色徳保(つばき)

※記事初出時、一部写真のキャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー