音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「新しい俺たちのスタート」J、新布陣でツアー完遂

144

J

J

Jが5月6日に東京・EX THEATER ROPPONGIにてライブツアー「J 2015 SPRING TOUR -ZERO-」の最終公演を行った。

昨年末のライブをもって藤田高志(G)が勇退し、今回のツアーよりmasasucks(G / the HIATUS、FULLSCRATCH)がメンバーの一員となったJのソロプロジェクト。J、masasucks、溝口和紀(G)、スコット・ギャレット(Dr)という布陣の4人は、絶妙なコンビネーションで約2時間のステージを駆け抜けた。

サポートの3人に続き、駆け足でステージに登場したJ。「東京、飛ばしていくぜー!」という言葉を合図に、「break」からライブをスタートさせた。続いて早々にドロップされた「PYROMANIA」では、ファンがライターの火を灯してバンドの演奏に応えるというおなじみの幻想的な光景が会場に広がった。

MCでJは改めてmasasucksがバンドに復帰したことを報告。「2015年の新しい俺たちのスタートです」と自信をのぞかせた。また現在、通算10枚目のオリジナルアルバムを“慎重に大胆に”制作中であることを明かし、ファンを喜ばせた。

その後も4人はJのパワフルで艶やかなボーカルとともに強靭なバンドサウンドで会場を満たしていく。masasucksはステージ上を縦横無尽に動き回り、メロディアスなギターの音色を奏でていった。またアルバムに収録される予定の新曲も2曲披露。さらに「懐かしい曲を」との前置きからスローチューン「ray of light」がプレイされると、ファンはひさしぶりに演奏されたナンバーをじっと聴き入った。

中盤にはスコットによるドラムソロのコーナーが。彼はドラムのみで多彩なビートを操ったり、打ち込みサウンドにあわせて精緻なプレイを見せたりと熱演を繰り広げる。迫力あるプレイを見せながらも、途中には投げたスティックが最前列のスタッフに当たってしまい「ゴメンネ」と声をかけるお茶目な一面も。そして約10分にわたる華麗なソロタイムを終えると、ファンから大喝采を浴びた。

「go crazy」でライブは後半戦へ。低音が轟く「Drivin' Now」ではmasasucksと溝口が競い合うようにギターフレーズを交互に弾き、テンションを上げていく。そして4人は「NEVER END」で渾身のプレイを見せ、本編を終えた。

アンコールでステージに再び登場したJは、昨年LUNA SEAでツアーを回り自分自身を見つめ直したと言い、新たな気持ちで回りたいと今作のツアータイトルを「ZERO」にしたと説明。加えて「こういうライブをみんなで作り出せるのは本当に……すごいことだよね」と感慨深く語った。そして秋にツアー「Live On Instinct」を行うこと、さらにツアー前にアルバムを完成させることをファンに誓い、最後に「Evoke the world」を届け、熱気の中、新体制でのツアーを締めくくった。

J 2015 SPRING TOUR -ZERO-
2015年5月6日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. break
02. PYROMANIA
03. here we go
04. Love to Kill
05. Vida Rosa
06. 新曲
07. 新曲
08. ray of light
09. RECKLESS
ドラムソロ
10. go crazy
11. Drivin' Now
12. addiction
13. NEVER END
<アンコール>
14. Feel Your Blaze
15. BURN OUT
16. Evoke the world

J LIVE TOUR 2015 - Live On Instinct -

2015年9月5日(土)宮城県 Rensa
2015年9月6日(日)新潟県 新潟LOTS
2015年9月12日(土)香川県 DIME
2015年9月13日(日)広島県 CAVE-BE
2015年9月19日(土)福岡県 DRUM Be-1
2015年9月20日(日)福岡県 DRUM Be-1
2015年9月23日(水・祝)北海道 cube garden
2015年9月26日(土)石川県 Kanazawa AZ
2015年9月27日(日)長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
2015年10月3日(土)愛知県 THE BOTTOM LINE
2015年10月4日(日)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2015年10月10日(土)東京都 赤坂BLITZ

音楽ナタリーをフォロー