音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

野沢雅子から“Z皆伝”!ももクロ「ドラゴンボール」挨拶で主題歌披露

314

「ドラゴンボールZ 復活の『F』」舞台挨拶の様子。

「ドラゴンボールZ 復活の『F』」舞台挨拶の様子。

本日4月28日に東京・TOHOシネマズ新宿でアニメ映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、今作で声優を務めた野沢雅子、堀川りょう、中尾隆聖と主題歌を担当したももいろクローバーZが出席した。

4月18日の公開から昨日27日までの10日間で140万人の動員を記録したことを受けて実施された今回の挨拶。孫悟空および孫悟飯役の野沢は悟空の声で「おめえたちがみんな観に来てくれるからうれしいぞ!」と喜びをあらわにした。またフリーザ役の中尾は「たくさんの方に私の復活を観ていただいて、うれしい限りです」、ベジータ役の堀川は「今日は貴様らに俺の勇姿をたっぷり見せてやる!」とそれぞれキャラクターの声でコメントし、観客を楽しませる。

声優陣の挨拶を経てステージに招かれたももクロは、主題歌「『Z』の誓い」のミュージックビデオの中で着用している「ドラゴンボール」のキャラクターたちの“弟子”の衣装で登壇した。司会者に「映画の主題歌を担当して、周囲の反応はいかがでしたか?」と問われると佐々木彩夏は「友達から『観たよ』ってたくさん連絡が来て、素晴らしい作品に関わらせていただいたなと実感してます」とコメントし、有安杏果も「改めて『ドラゴンボール』ってすごい作品なんだなって思いました」と続く。高城れには「私の周りにはももクロが主題歌をやっていることを知らない、純粋なアニメ好きの人が多かったんですが(笑)、そんな人たちからも『お前(主題歌)やってたのか!』って連絡がたくさん来ました!」と笑顔を弾けさせた。

なおこの作品は世界74の国と地域での配給も決定しており、一部地域を除く海外版のエンドロールでは「『Z』の誓い」の英語詞バージョンが使用される。百田夏菜子は「私たちの曲で初めて英語の歌ができます。ホントに最近レコーディングを終えました」と報告。続けて「ホントに英語が……(笑)。まずは歌詞をカタカナに直すところから始めました」と英語詞に苦戦した様子を伺わせ、観客からの大きな声援に照れ笑いを浮かべていた。

トークセッションを終えると、百田が「野沢さん! 今日は私たちの歌をここで歌わせていただいてもいいですか?」と切り出す。彼女たちは声優陣を最前列の席へ誘うと「『Z』の誓い」をフルサイズでパフォーマンスした。5人がMVの衣装を着用して人前で楽曲を披露するのは今回が初めて。キレのあるダンスで会場を盛り上げた5人は観客から大きな歓声を浴び、玉井詩織は「本当にZ戦士になれた気分でした!」と晴れ晴れとした表情で語った。

目を輝かせながらももクロのパフォーマンスを楽しんだ野沢は司会者に感想を問われ「本当に素晴らしかった! ももクロもZ、ドラゴンボールもZ。私たちは“Z同士”ですから、お互いにがんばっていきましょう!」とコメントする。この言葉を聞いた百田が「野沢さんから直々に“Z”をいただけるということですか?」と問うと、野沢は「そうです!」と即答。野沢からの“Z皆伝”に5人は「やったー!」と喜びを爆発させていた。

音楽ナタリーをフォロー