音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アーバンギャルド松永天馬、初の小説連載開始

519

アーバンギャルドの松永天馬(Vo)による小説「少女か小説か」の連載が集英社文庫のオフィシャルサイトでスタートした。彼が小説連載を担当するのはこれが初となる。

この連載は「トラウマテクノポップの旗手が自らの楽曲をモチーフに紡ぐ少女の物語」というコンセプトで、これまで松永がアーバンギャルドで制作してきた楽曲のタイトルからイマジネーションを膨らませた短編小説。挿画イラストは、松永がファンだと公言しているマンガ家・宮崎夏次系が担当している。

松永の小説家としての処女作は、2013年4月発売の雑誌「S-Fマガジン」6月号に掲載された「死んでれら、灰をかぶれ」。その後も彼は小説を執筆しており、今回の「少女か小説か」は4作目となる。

音楽ナタリーをフォロー