音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

吉川晃司、骨折原因は映画「あぶ刑事」役作り

365

吉川晃司が2016年に公開される映画「さらば あぶない刑事-long good-bye-」に出演することが決定。また先日のバイクの運転練習中のケガが、本作の役作りのためだったことが明らかになった。

吉川は「さらば あぶない刑事」にバイクを操る“史上最強最悪の敵役”として登場。アクションシーンをできる限り自分で演じたいという思いから、2月からバイクの練習をしていたという。運転に際しては十分に安全を確保し、バイク専門のスタントマンや映画製作スタッフ立ち会いのもと、基礎練習を徹底しつつ劇中で登場するジャックナイフターン、アクセルターン、フロントアップ走行(ウィリー)といったバイクアクションにも挑戦していた。しかし3月3日にフロントアップ走行中に転倒し、左足首を骨折。その後、左足関節外果骨折と診断され、3月5日に手術を受けたものの完治するまでに時間がかかるため、3月6日にZepp Tokyoで行われたライブハウスツアー「30th Anniversary Live "SINGLES+RETURNS"」の東京公演では左足を椅子に乗せる形でパフォーマンスを披露した。

まだケガは完治していない状態だが、吉川はライブツアーを続行。予定通り「さらば あぶない刑事」の撮影も今春から開始する。彼が、舘ひろし、浅野温子、仲村トオル、柴田恭兵が演じる「あぶ刑事」名物キャラクターたちとどんな絡みを見せるのか注目が集まる。

吉川晃司コメント

去年がちょうどデビュー30周年のアニバーサリーイヤーということで、30周年記念ツアーで、武道館3日間で被り曲なしのトータル70曲をパフォーマンスしました。
70曲もやったら、さすがに吉川、自分にちょっとお腹いっぱいになるかなと思っていたのですが、意外とそうでもなくて。まだまだ食えるぞという気持ちになったのと、昨年のツアーで行けなかった地方のファンの方々から“来てほしかった”という声も多数いただき、そういう要望にもお応えしたいなと思いまして、今年は、アニバーサリーツアーの追加公演をやらせていただくことにしました。ここ10年ライブハウスツアーもやっていなかったことですし。
それで、先月からツアーがスタートしておりますが、今月の頭に足の骨を1本ポキッと折りまして、アニバーサリーの追加公演が骨折ツアーということになっております。
3月5日にボルトを入れる手術をして、6日がZepp Tokyo公演で、命の次に大事な
シンバルキックはできませんでしたが、いつもとはひと味違った緊張感と集中力の高い、自分としては満足のいくライブができましたので、残りの5公演もこのまま続けさせていただくことにしました。

ライブの内容は、去年のアニバーサリーツアーでやった70曲ともまた被らない曲をやります。懐かしいあんな曲からこんな曲までトータル90曲超えです(笑)。骨はポキっと折れましたけれど、ご心配は無用です。ビスをいっぱい打ってガチっと固めましたし。たかが骨の一本、その他は元気ですので、手術翌日から筋トレもやっております。バイク練習で体幹がものすごく鍛えられましたので、シンバルキックはできませんが、その体幹を生かしたパフォーマンスでツアーを乗り切りたいと思っております。

今回、私が怪我をしたバイク練習は、アクションシーンの多い映画の役作りのための練習でして、基礎練習である低速での「八の字走行」から、特殊なアクロバティックなバイクアクション「ジャックナイフターン」「アクセルターン」「フロントアップ走行(ウイリー)」などの高度な技の練習でした。もし、普段バイクに乗っている方が、私が怪我をしたことによって、バイクに乗るのは危ないね、なんて周囲の方から言われたりすることがございましたら、そのことに関しては大変申し訳なかったなと思っております。

私は、特殊なバイクアクションの練習で怪我をしてしまいましたが、通常の運転で安全に注意を払って乗っていれば、バイクは素晴らしい乗り物です。
今回の練習をきっかけに、私も、今後、新たな相棒としてバイクにも乗ろうと思っております。
では、皆さん、ツアーでお会いできますことを楽しみにしております。

30th Anniversary Live "SINGLES+RETURNS"(※終了分は割愛)

2015年3月29日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
2015年4月11日(土)北海道 Zepp Sapporo
2015年4月13日(月)宮城県 Rensa
2015年4月16日(木)大阪府 Zepp Namba
2015年4月24日(金)愛知県 Zepp Nagoya

音楽ナタリーをフォロー