音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

BUMP OF CHICKEN、劇場版「WILLPOLIS」公開記念で監督とトーク

2107

映画「BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版」公開記念 スペシャルトークショーの様子。

映画「BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版」公開記念 スペシャルトークショーの様子。

本日12月5日に映画「BUMP OF CHICKEN "WILLPOLIS 2014" 劇場版」が全国公開されたことを記念し、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにてスペシャルトークショーが行われた。

この映画はBUMP OF CHICKENのライブツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR "WILLPOLIS 2014"」のドキュメンタリーと、ツアーのオープニングで上映されたCGアニメーションの完全版からなる2部構成の作品。本日のトークショーにはBUMP OF CHICKENメンバー4人のほか、アニメーションパートの監督を務めた山崎貴が参加した。

司会の鮎貝健に公開初日を迎えた今の気持ちを尋ねられると、藤原基央(Vo, G)は「まずこれが決まったときは他人事のようにしか思えなくて。『映画、我々が? それは誰が観に行くんですか』って感じだったんですけど、今こうやって観に来てくださったお客さんのお顔を見られてすごくうれしいです。山崎監督の作ってくださったアニメとか、皆さんの支えによって実現できたツアーを、『こういうふうにできたよ』って皆さんに観てもらうことができる作品になったんじゃないかなと思います」と感慨深く語る。升秀夫(Dr)は「ライブとは違うので実際にどんな反応が返ってくるのか心配だったんですけど、(上映が)終わったときに拍手が起こってすごくうれしかったです。映画ですけど、ライブ感のあるものになったんじゃないかと思います」と、観客の反応にうれしそうな顔を見せた。

アニメーションに登場するキャラクターのモーションキャプチャを担当した松坂桃李からのコメント動画が紹介されたあとは、藤原がドキュメンタリーパートについて「お客さんのリアクションは普段ステージの上からしか見えないんですけど、ライブが始まる前は外でこういう感じで待っててくれてたとか、公演中の客席はこういう感じだったっていうのが身近にわかるシーンがいっぱいあって。それを観ることができて本当にうれしかった」と感想を述べる。また今回は劇場限定グッズも用意されており、デザインを担当した直井由文(B)が「ライブに来てくれる人は一緒にライブを作ってる仲間だと思っているから、チーム感を出したかった」とこだわりを明かす場面も。このうち、パンフレットについて増川弘明(G)は「お客さんが手に取ってうれしくなるってことを考えて、デザイナーと僕らで何回も話し合いました。フィルムを使った凝った作りになっています」と説明してファンの期待を煽った。

そしてイベントの締めを任された藤原は「いつも皆様に支えてもらって、いろんなことをやってこれたと思っております。今回も皆さんのおかげで、あんなに素敵なオープニングムービーであんなに素敵なツアーを回ることができました。その証拠のような映画ができあがったと思います。皆さんに観ていただけることが本当にうれしいです」と丁寧に挨拶し、メンバーと監督は退出した。

「BUMP OF CHICKEN "WILLPOLIS 2014" 劇場版」は本日より12月18日までの2週間限定で全国20カ所の映画館で上映される。なお2月4日にはこの映像を収めたDVD / Blu-ray「BUMP OF CHICKEN『WILLPOLIS 2014』」がリリースされる。

音楽ナタリーをフォロー