音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

たこ虹初ワンマン成功、次の一歩は日本青年館

198

「たこやきレインボー ファーストワンマンライブ “はじめの一歩”」の様子。

「たこやきレインボー ファーストワンマンライブ “はじめの一歩”」の様子。

たこやきレインボーが昨日9月28日、大阪・梅田CLUB QUATTROにて初のワンマンライブ「たこやきレインボー ファーストワンマンライブ “はじめの一歩”」を開催した。

関西を拠点に活動し、「絶対!甲子園出場」と兵庫・甲子園球場でのワンマンライブを目標に掲げる彼女たち。その夢への“はじめの一歩”となる初ワンマンは満員御礼。実況アナウンサーによる「プレイボール!」の宣言で幕を開けた。

1曲目の「六甲たこおろし」では彩木咲良が「ここクアトロでー! はじめの一歩を! 踏み出すぞー!!」と大声を上げ士気を高める。勢い余った根岸可蓮の靴が脱げてしまうというハプニングもあったが、堀くるみはすかさず靴を拾って根岸に渡すファインプレーを見せた。春名真依の「もうかりまっかー?」の呼びかけに、たこ虹家族(ファンの総称)は大きな声で「ぼちぼちでんなー!」と答えるも、春名は「初ワンマンやのにそんなでええのー!? もうかりまっかー!!」とさらに煽る。清井咲希は「今までな外でしかやってなかったから、ちょっと見えにくかったやん? 中(屋内会場)でやるのが初めてやからめっちゃきれい! しかも全員さたこ虹家族の皆さんだよね! やばいね!」と、満員のライブハウスに広がるペンライトの輝きに感動の声を上げた。

「あきんどチャチャチャ」「レインボーレボリューション」「めっちゃFUNK」と浪速感あふれる3曲を歌ったあとのMCでは、なぜか根岸と春名の代わりに等身大のパネルが置かれていた。堀が「これあれやな。ワンマンライブつなぎ的なあれやな!」と仕組みを明かしたところで堀、彩木、清井のパネルが運ばれてきたが、堀のパネルはさつまいも。1人ステージに取り残された堀は「スタッフさん! ちょっと! うちのパネルどこいったんよ!」と舞台袖を探し、自ら等身大パネルを運び込んで満面の笑みで衣装替えに向かった。5人の等身大パネルが並んだところで、会場にはメンバーそれぞれが初ワンマンにむけての決意を語ったメッセージが流れる。衣装をチェンジして登場した5人は、「365 Go! 」「絶唱!なにわで生まれた少女たち」「なにわのはにわ 」「踊れ!青春カルナバル」と4曲を連続で披露。最後はメンバーとたこ虹家族の絆を歌った「みんなのうた」で締めくくった。

盛大なアンコールに応えて再度ステージに上がった5人は「ちゃんと走れ!!!!!!」を熱唱すると、1人ひとり初ライブの実感と心境を語り始める。春名は「例えば、私たちが“電球”とするじゃないですか。で、スタッフさんが電気とするじゃん? で、たこ虹家族の皆さんがスイッチとするじゃん? たこ虹家族の皆さんが押してくれないと……“推して”くれないと私たちは輝けないんです。電球もないとあかんし、電気もないとあかんし、スイッチもないとあんし、どれが欠けても全然輝けないなって思ったんですよ」と比喩を交えて思いを語り、根岸は「このワンマンライブが決まってから、今日までホンマにいろんなことがあったし、悔しいこともあったし……。(メンバー同士)話すこともいっぱいあって、絆が深まりました」とグループの変化を明かす。清井が「レッスンで言い合ったりもしたり、番長(マネージャー)に怒られたこともあったし、それがあったからこそこの景色がみれると思ですよ。これからもいろいろなことがあると思うけど絶対に逃げ出さず、絶対に前に向かって進むので、皆さんも一緒に前にずっと一緒に走って行きましょう」と改めて決意を口にすると、彩木は「咲希がさっき言ったように……あっダジャレじゃないですよ? めちゃ泣いたり悔しかったりいろいろな感情を出してきたけど、今までの感情がここで全部吐き出せたと思います」と清々しく語った。

最後にリーダー堀が「生きてると悲しいこととかあるじゃないですか。そういうことをしてくる世界やけど、こういううれしいこともちゃんとくれる世界だから、たこ虹家族の皆さんも、スタッフのみなさんも、ここにいてよかったなって思う人生を歩んでほしいです」と自分なりのメッセージを伝えてステージを終えようとすると、突然会場に電話のコール音が鳴り響く。動揺しつつ春名が電話を取ると「もしもし? 理事長です!」と、スターダストプロモーション3Bjuniorの“理事長”こと藤下リョウジ氏の声が。理事長が「あのね、なんかね、東京のファンがワンマンライブ見たいんだって。小屋押さえちゃったから、みんな東京でライブやっちゃいなよ! 11月23日、日本青年館! 取っちゃったからみんなあとはよろしくね!じゃあね!」と軽い口調で重大発表すると、混乱する5人に客席からは大きな歓声と拍手が送られた。

突然決定した「東京・日本青年館単独公演」という次の目標に向け決意を新たにした5人は、最後にもう一度「六甲たこおろし」をパフォーマンス。「私たちは、この5人と皆さんとで、絶対に甲子園単独ライブを成功させたいと思っています! どうか皆さんお応援よろしくお願いします!」という堀のひとことでたこ虹初のワンマンは幕を下ろした。

たこやきレインボー ファーストワンマンライブ “はじめの一歩”
2014年9月28日 梅田CLUB QUATTRO セットリスト

01. 六甲たこおろし
02. オーバー・ザ・たこやきレインボー
03. あきんどチャチャチャ
04. レインボーレボリューション
05. めっちゃFUNK
06. 365 Go!
07. 絶唱!なにわで生まれた少女たち
08. なにわのはにわ
09. 踊れ!青春カルナバル
10. みんなのうた
<アンコール>
11. ちゃんと走れ!!!!!!
12. 六甲たこおろし

たこやきレインボーワンマンライブ@日本青年館(仮)

2014年11月23日(日・祝)東京都 日本青年館
料金:全席指定 3500円
たこ虹セブン(仮)会員先行受付:2014年9月29日(月)16:00~10月5日(日)23:59

音楽ナタリーをフォロー