音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46、ソニレコ公録イベントに大興奮

483

「ソニレコ!暇つぶしTV 祝★1周年記念!ワクドキの公開収録! IN 富士急ハイランド」の様子。

「ソニレコ!暇つぶしTV 祝★1周年記念!ワクドキの公開収録! IN 富士急ハイランド」の様子。

本日9月15日、山梨・富士急ハイランドで乃木坂46のメンバーによる公開収録イベント「ソニレコ!暇つぶしTV 祝★1周年記念!ワクドキの公開収録! IN 富士急ハイランド」が開催された。

このイベントはソニー・ミュージックレコーズのオリジナルYouTube音楽番組「ソニレコ!暇つぶしTV」の番組開始1周年を記念して行われたもの。番組MCの高山一実&深川麻衣に加え、乃木坂46の松村沙友理、秋元真夏、西野七瀬、若月佑美がゲスト参加して初の番組公開収録を盛り上げた。

富士急ハイランドには早朝からたくさんのファンが駆け付け、9:00から配布されたステージ前観覧エリアの整理券は10数分で予定枚数を終了。イベント開始前になるとイベント会場となったマッドマウス前ステージは、約1500人もの観客で埋め尽くされた。開始直前には高山&深川が影アナとして観客を煽る。そして定刻を過ぎた頃に番組のオープニングテーマが流れ始め、これにあわせて2人にステージに登場。初めて番組視聴者と触れ合う機会を持った2人は、うれしそうな表情で観客に挨拶した。

そしてこの日のゲストである松村、秋元、西野、若月を呼び込むと、会場はひときわ大きな声援に包まれる。過去にソニレコTVへの出演経験を持つ松村、西野は番組内での愛称“ソニレコネーム”(松村が「チャーリー」、西野が「Qちゃん」)が付けられていたが、秋元と若月は今回が初出演ということで、それぞれ「落花生」と「糖質」という意味不明なソニレコネームが授けられた。

その後は視聴者からのメールにメンバーが答えていくQ&Aをはじめ、さまざまなコーナーを展開。番組の新オープニングテーマ制作コーナーでは観客を巻き込んだ公開レコーディングが行われたほか、ライブのためこの日の公開収録を欠席したMCのKからもコメントが届けられた。さらに番組内のマスコットキャラクター「ひまっぴー」の弟分オーディションも実施され、ゲストの乃木坂メンバー4人がその場で描いたオリジナルキャラクターにアフレコをして、誰が一番よかったかを観客とともに決めた。

公開収録エンディングでは来場者に向けて、乃木坂メンバーが直筆サインボールをプレゼント。ゲスト参加の西野は「ユルく公開収録ができて楽しかったです」、若月は「1年越しに出演できてうれしかったです」、秋元は「私、皆さんよりソニレコTVを観てる自信があります。 次期MCも狙ってます!」、松村は「いつも2人(高山&深川)が楽しそうにしてるのがうらやましくて。でも今日は一緒にイベントができて楽しかった!」とそれぞれ感想を述べてステージをあとにした。そして高山&深川も「イベント中は緊張していて皆さんの顔がちゃんと見れなかったけど、ここでじっくり見ておきます」と観客とコミュニケーションを取ってから、ステージを降りた。

その後、トークイベントとしては異例のアンコールも高山主導で発生。出演者一同と観客による記念撮影を経て、1時間以上にわたるソニレコTV初の公開収録イベントは幕を下ろした。なおこの日のイベントの様子と、先に高山&深川、Kによって行われた富士急ハイランドロケの模様は、10月配信の「ソニレコ!暇つぶしTV」にて順次公開されるので、イベントに足を運ぶことができなかった人はこちらをお楽しみに。

音楽ナタリーをフォロー