音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

片平里菜、女性のための映画に挿入歌「tiny room」提供

617

片平里菜の未発表曲「tiny room」が9月13日公開の映画「ハニー・フラッパーズ」の挿入歌として使用されることが決定した。

「ハニー・フラッパーズ」は「女性が女性のために送る、女性を支援する映画」をコンセプトに制作された映画。坂口杏里、川村ゆきえ、矢吹春奈、森下悠里ら主要キャストはもちろん、監督やメインプロデューサーなどの主要スタッフも女性で構成されている。映画では就職活動に悩む女子大生が、友人に誘われてキャバクラのアルバイトを始めるというストーリーが女性ならではの視点で描かれる。なお作品には湘南乃風のRED RICEも出演する。

片平の提供する「tiny room」は彼女が人間関係で悩んでいた中学時代を思い出して作った楽曲。この曲について片平は「あぁ、今日もあまり良くない一日だった、でも現状から抜け出したい、今の自分から生まれ変わりたい、そんな気持ちがふつふつと湧いてきます。映画ハニー・フラッパーズにもどこか通じているような気がします。歌詞に注目して聴いてください」とコメントしている。

なお、この映画の主題歌には主要キャストで結成された特別ユニット・Honey Flappersが歌う「Believe myself」が使用される。

※記事初出時、見出しおよび本文に事実とは異なる記載がありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー