The Rolling Stones来日公演に布袋寅泰サプライズ出演

763

本日3月6日、東京・東京ドームで行われたThe Rolling Stonesの来日公演に布袋寅泰がゲスト出演した。

左からミック・ジャガー、布袋寅泰。(撮影:外山繁)

左からミック・ジャガー、布袋寅泰。(撮影:外山繁)

大きなサイズで見る(全2件)

The Rolling Stonesと共演する布袋寅泰。(撮影:外山繁)

The Rolling Stonesと共演する布袋寅泰。(撮影:外山繁)

大きなサイズで見る(全2件)

2月26日から本日3月6日にわたり計3公演が行われた、The Rolling Stonesにとって約8年ぶりの来日公演。今回の布袋出演は、昨年11月にロンドンで実施された布袋のライブをThe Rolling Stoneの関係者が観て興味を持ったことから実現したもの。ステージに温かく迎えられた布袋は、ライブ7曲目「Respectable」でキース・リチャーズやロン・ウッドとともにギターセッションを繰り広げ、ミック・ジャガーとマイクを分け合って歌うなどの活躍を見せた。過去にはデヴィッド・ボウイやRoxy Musicなどと共演している布袋だが、今回のゲスト参加について「The Rolling Stonesと一緒にステージでプレイできるなんて、ミュージシャンとしてこれ以上の幸せはない。未だに夢の中にいるようだ。この至福の夢を叶えてくれたストーンズの皆さんに心から感謝している」とコメントを寄せている。

現在布袋はロンドンにて新作を制作中。7月6日にはイギリスのThe Great Tew Estateにて行われる「Cornbury Music Festival」に出演することも決定している。

布袋寅泰 コメント

The Rolling Stonesと一緒にステージでプレイできるなんて、ミュージシャンとしてこれ以上の幸せはない。
未だに夢の中にいるようだ。この至福の夢を叶えてくれたストーンズの皆さんに心から感謝している。
そして数々の幸運をもたらしてくれるギターとの出会いに感謝している。
ロックを愛してよかった。ギタリストになって本当に良かった。
もっともっと自分を磨き、高め、必ずワールドツアーへの夢を叶えたい。
ありがとう! ロックンロール・マジックを教えてくれたThe Rolling Stones。
この日のことは一生忘れません。

この記事の画像(全2件)

リンク