音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46若月、初“月9”出演で四角関係に悩む女子大生熱演

229

2月17日(月)21:00放送のフジテレビ系ドラマ「失恋ショコラティエ」第6話に、乃木坂46の若月佑美が出演する。

乃木坂46の選抜メンバーとして活躍する傍ら、芸能人として初めて二科展デザイン部門で2年連続入選したほか、舞台「『2LDK』-2013-」への単独出演を果たすなど、マルチな才能で注目を集める若月。彼女がテレビドラマに出演するのは、昨年4~6月に日本テレビ系で放送された「BAD BOYS J」以来2度目となる。

今回若月が演じるのは、主人公・小動爽太(松本潤)の妹、まつり(有村架純)の恋敵となる女子大生ユカリン。オリヴィエ(溝端淳平)を交えた複雑な“四角関係”が展開される。若月は初の月9ドラマ出演について、「いち視聴者として大好きなドラマだったので、本当にうれしかったです。貴重な現場ですごくいい刺激をたくさん受けることができました」と喜びのコメントをしている。

また若月のキャスティングを行ったプロデューサーの若松央樹は、「6話と7話は、まつりとオリヴィエの関係性が急速に展開する回のため、それにまつわる周りのキャスティングも重要視していました。今後期待値の高い女優さんだと思いオファーしました」と起用の理由を説明。続けて「撮影現場では最初は緊張していましたがすぐに馴染み、監督の要望を即座に理解して演じていました」と、彼女の演技に対して太鼓判を押している。

若月佑美 コメント

今回「失恋ショコラティエ」第6話にまつりちゃんの友達役のユカリンとして出演させていただきました! いち視聴者として大好きなドラマだったので、本当にうれしかったです。少ない時間でしたが、貴重な現場ですごくいい刺激をたくさん受けることができました。何より演技をすることがとても楽しいと改めて感じたので、機会をいただけるように努力して、今後も演技の道に少しでも携っていきたいなと思いました!

フジテレビ系「失恋ショコラティエ」第6話

2014年2月17日(月)21:00~21:54

音楽ナタリーをフォロー