O.L.H.とstillichimiya、WWWのステージで跳梁跋扈

93

Only Love Hurtsとstillichimiyaが出演したツーマンイベント「WWW presents O.L.H. と stillichimiya」が2月1日に東京・WWWで行われた。

Only Love Hurts(撮影:廣田達也)

Only Love Hurts(撮影:廣田達也)

大きなサイズで見る(全9件)

stillichimiya(撮影:廣田達也)

stillichimiya(撮影:廣田達也)

大きなサイズで見る(全9件)

SEX山口(撮影:廣田達也)

SEX山口(撮影:廣田達也)

大きなサイズで見る(全9件)

当日はSEX山口がオープニングDJを担当。J-POPを中心に踊れるグッドミュージックをプレイして開演前のフロアを温めた。そして「山梨から田舎者がやって来たぜー!」というBig Benの絶叫からstillichimiyaのライブがスタート。田我流、MMM、Big Ben、Young-Gの4人で「莫逆の家族」を披露した。曲のラストにはMr.麿が登場し、テノールボイスでアウトロを壮大に歌い上げると、おもむろに袖へはけていった。山梨の方言で「酒を飲め」という意味の「呑めし」では、一升瓶に入った山梨産ワイン「甲州」を観客にふるまう。田我流、MMM、Big Ben、Young-Gの4人は、“地元・山梨”をテーマにコントのようなマイクリレーで客を楽しませた。そんな中、Mr.麿が80'sニューミュージックを思わせるメイクを顔面に施して再び舞台に登場。クリスタルキング「大都会」の熱唱から、EXPO「サーキットシティ」を歌い上げた。そして田我流のアルバム曲「やべ~勢いですげー盛り上がる」で会場は大きな盛り上がりを見せた。その後も山梨の寄る辺ない日常を歌った「墓場のDIGGER」「ラーメン」をコミカルに届ける。また、終盤にはMr.麿がデーモン閣下を想起させるメイクを施し3度目の登場を果たす。彼が上半身裸で「巨峰」を熱唱すると、観客からは大きな喝采が浴びせられた。そして「温泉地帯」「桃畑」など山梨らしいナンバーをプレイして、O.L.H.にバトンを渡した。

この日のO.L.H.は共演のstillichimiyaを意識してか、いつも以上にグルーヴ感の強い演奏を聴かせた。オープニングを飾ったのは「今夜、巣鴨で」。ファンキーなリズム隊と激しく鳴り響くギターとホーンがグイグイと牽引する演奏の上で、aCKy(Vo)が若い女性とおじいちゃんによる禁断の逢瀬を情感たっぷりに歌い上げた。その勢いのまま「温度、人肌が欲しい」に突入し、すっかり温まったフロアに向けてO.L.H.としては珍しいコール&レスポンスを実施。さらに「ここに生きるヒップホップレジェンドがいます。『Hoo! Ei! Ho!』とかやってた元ビブラストーンのぜん(横銭ユージ / Dr)ちゃーん。ぜんちゃん、俺にデカいのを一発くれ!」というMCから、ラップ調にストーリーテリングしていく「必ず同じところで」を横銭の重いビートとともに畳み掛けた。その後、新曲「愛のキサナドゥ」を熱唱するとサザンロックスタイルにアレンジされた「ゆびきり」や、ジャズバラード調の「あんなに反対してたお義父さんにビールをつがれて」などを演奏した。クライマックスは振り付けが人気の「コレがコレなもんで」と、定番曲「俺のせいで甲子園に行けなかった」。会場が一体となって握り拳を振り上げ、熱狂のうちに本編を終えた。

アンコールではaCKyがB-BOYを思わせるピンクのスエットのセットアップに着替えて登場。aCKyは「パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた…夏」を歌いながら、少しずつセットアップを脱ぎ始め、最後はピンクのブリーフ1枚に。ラストチューンの「東京(じゃ)ナイトクラブ(は)」では、ブリーフをお尻に食い込ませながらステージを飛び回り、同曲を絶唱した。

Only Love Hurts / stillichimiya「WWW presents O.L.H. と stillichimiya」
2014年2月1日 WWW セットリスト

stillichimiya

01. 莫逆の家族
02. ジャングル殺法
03. Za Kenna
04. 呑めし
05. 大一番
06. ずんぶいSATURDAY NIGHT
07. サーキットシティ / EXPO
08. やべ~勢いですげー盛り上がる
09. いったりきたりBlues / Big Ben
10. 墓場のDIGGER / 田我流 feat. Big Ben
11. ラーメン / 田我流 feat. MMM
12. 大三千世界
13. 巨峰 / EXPO
14. 温泉地帯
15. 桃畑

Only Love Hurts

01. 今夜、巣鴨で
02. 温度、人肌が欲しい
03. 必ず同じところで
04. 私が車椅子になっても
05. 愛のキサナドゥ
06. ゆびきり
07. ゴムまり
08. おんなの線路標(みちしるべ)
09. あんなに反対してたお義父さんにビールをつがれて
10. コレがコレなもんで
11. 俺のせいで甲子園に行けなかった
<アンコール>
12. パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた…夏
13. 東京(じゃ)ナイトクラブ(は)

この記事の画像(全9件)

Only Love Hurtsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Only Love Hurts / 田我流 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。