音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

結成から5年半、SKE48が地元名古屋でついに“神々の領域”に

357

SKE48の全国ツアー「SKE党決起集会。『箱で推せ!』」の名古屋公演が昨日2月1日、愛知・ナゴヤドームにて開催された。

昨年10月26日に兵庫・ワールド記念ホールからスタートしたこのツアーの最終地でもある地元名古屋での公演は、初のナゴヤドーム単独ライブ。ステージにまず登場したのは過去に中日ドラゴンズの投手として活躍した板東英二で、武将姿でナゴヤドーム公演の幕開けを高らかに宣言した。そして記念すべきナゴヤドーム単独公演のオープニングを飾ったのは、1期生が歌う「神々の領域」。2008年7月の結成当初は22名いた1期生も今では7名となり、佐藤聖羅も2月での卒業を発表したばかり。結成間もない頃から幾多の苦難を乗り越えてきた1期生の7名は互いに寄り添い、瞳に涙を浮かべながら熱唱した。

その後、ライブは初期のシングル曲やカップリング曲を軸に進行。SKE48の歴史を振り返るような構成で、集まった3万3000人もの観客を大いに楽しませた。ライブ中盤では木崎ゆりあによる指原莉乃「それでも好きだよ」のカバーをはじめ、ユニットシャッフルでファンを楽しませる。「Glory days」では世界的に活躍するダンスパフォーマー蛯名健一がサプライズ出演し、驚異の身体能力を生かしたダンスでSKE48の軟体女王・須田亜香里との競演が実現。「Darkness」では須藤元気率いるWORLD ORDERがゲスト出演し、SKE48メンバーとシンクロしたダンスで観客を魅了した。

また「強がり時計」では、発表当時SKE48との兼任を務めていたAKB48の北原里英がサプライズ参加。北原にとっても地元である名古屋への凱旋について「SKE48の単独ナゴヤドームが決まったときは、自分のことのようにうれしかった。そして今日一緒にステージに立てて、さらにうれしいです!」と、変わらぬSKE48愛とともに喜びを表現した。北原はその後も多くの楽曲に参加し、ひさしぶりの“里帰り”を心から楽しんだ。

アンコールでは、3月19日にリリースされる14thシングル「未来とは?」が初披露された。梅本まどかなど新たな選抜入りメンバーを迎えた新曲に会場中から注目が集まったが、この日お披露目されたのは“逆回転”でのパフォーマンス。これはビデオクリップ撮影の一環として披露されたもので、今後この様子が逆回転して正式に公開される予定だ。

新曲“逆回転”パフォーマンスに続いては、ドラフト生8名が地元名古屋でステージデビュー。「チャイムはLOVE SONG」で初々しい歌とダンスを披露し、集まったファンを喜ばせた。そして最後は北原を含む全メンバーで「握手の愛」「チョコの奴隷」「手をつなぎながら」を熱唱して、3時間近くにおよぶ初のナゴヤドーム単独ライブを終えた。なおSKE48は本日2月2日にも同会場でライブを行い、全国ツアーに幕を下ろす。

SKE48「SKE党決起集会。『箱で推せ!』」
2014年2月1日(土)愛知県 ナゴヤドーム セットリスト

00. Overture
01. 神々の領域
02. 賛成カワイイ!
03. 強き者よ
04. 青空片想い
05. ごめんね、SUMMER
06. 1!2!3!4! ヨロシク!
07. 誰かのせいにはしない
08. パパは嫌い
09. バズーカ砲発射!
10. 寡黙な月
11. ハレーション
12. キスだって左利き
13. 追いかけShadow
14. 青春の水しぶき
15. いつのまにか、弱い者いじめ
16. 道はなぜ続くのか?
17. それでも好きだよ
18. 心の端のソファー
19. 枯葉のステーション
20. ウィンブルドンに連れて行って
21. RUN RUN RUN
22. Glory days
23. 雨のピアニスト
24. Darkness
25. 強がり時計
26. 大声ダイヤモンド
27. 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
28. ジェラシーのアリバイ
29. マンゴーNo.2
30. JESUS
31. ボウリング願望
32. 海を渡れ!
33. 必殺テレポート
34. 美しい稲妻
35. アイシテラブル!
36. バンザイVenus
37. オキドキ
38. ピノキオ軍
39. パレオはエメラルド
40. 仲間の歌
<アンコール>
41. 未来とは?
42. チャイムはLOVE SONG
43. 握手の愛
44. チョコの奴隷
45. 手をつなぎながら

松井珠理奈(チームS)コメント

やりきった!という感じです。
AKB48ドームツアーでナゴヤドームのステージに立たせていただいたときから、次はSKE48で絶対来る、という思いが大きくなっていました。こんなにも早くその夢が叶うと思っていなかったので、よかったなとは思いますが、ここで満足しちゃいけないなとも強く思ってます。
ナゴヤドームという目標を達成したあと、SKE48がどうなっていくのか考えながらやっていかないと、とも思っていて、明日の公演でその答えが見つかればいいなと思います。

松井玲奈(チームE)コメント

いろいろな方から「ナゴヤドームでのコンサートはSKE48にとって節目になる」と言われていましたが、リハーサルや今日こうしてステージに立たせていただいてみて、節目というよりは私の中ではまだまだこの先のSKE48が見えてきました。
もっともっと上に登っていかなくてはいけないなと思いましたし、それができるメンバーたちがSKE48にはたくさんいるなと感じることができました。
SKE48のファンには本当に温かい方が多くて、そんな方たちの温かさを感じながら単独でナゴヤドームのステージに立ててとてもうれしく思っています。

SKE48 14thシングル「未来とは?」選抜メンバー

チームS:石田安奈 / 大矢真那 / 木崎ゆりあ / 松井珠理奈
チームKII:大場美奈 / 柴田阿弥 / 須田亜香里 / 高柳明音 / 古川愛李 / 山田みずほ
チームE:東李苑 / 梅本まどか / 木本花音 / 古畑奈和 / 松井玲奈
研究生:北川綾巴

音楽ナタリーをフォロー