@JAM台湾ライブでスパガ、でんぱ、アプガら熱狂ステージ

141

1月18、19日に台湾・河岸留言にて@JAMの国外イベント「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」が開催された。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」Dancing Dollsのライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」Dancing Dollsのライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」東京女子流のライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」東京女子流のライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」でんぱ組.incのライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」でんぱ組.incのライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」アップアップガールズ(仮)のライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」アップアップガールズ(仮)のライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」Dorothy Little Happyのライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」Dorothy Little Happyのライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」のグッズをアピールする富永美杜。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」のグッズをアピールする富永美杜。

大きなサイズで見る(全30件)

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」SUPER☆GiRLSのライブの様子。

「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」SUPER☆GiRLSのライブの様子。

大きなサイズで見る(全30件)

溝手るか生誕祭の様子。

溝手るか生誕祭の様子。

大きなサイズで見る(全30件)

昨年香港で開催され好評を博した「KAWAII POP FES」。今回はアップアップガールズ(仮)SUPER☆GiRLSDancing Dollsでんぱ組.inc東京女子流Dorothy Little Happyという6組のアイドルグループが台湾で2日間にわたり熱いライブを繰り広げた。

Dancing Dolls

初日のトップバッターを務めたのはDancing Dolls。熱狂的なファンのコールを受けてステージに登場すると「Ring Dong」からトップスピードでライブをスタートさせる。2曲目の「メロメロ(Dance Ver)」では「メロメロバッキューン!」のかけ声で勢いをつけ、息もつかせぬダンスパフォーマンスで会場を熱狂させた。

メンバーは初めての海外ライブということで気合い十分であることをMCで打ち明けると、ここから「hello」「共犯のメロディー」と連続で歌唱。ダンサブルな楽曲を詰め込んだ「ダンス作品入り踊ってみたメドレー」ではグループの持ち味でもある激しいダンスを惜しげもなく披露し、さらに台湾でも人気のきゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」、ももいろクローバーZの「行くぜっ!怪盗少女」などをアレンジしたダンスを披露する。そしてメドレー最後のナンバーには台湾のアーティスト・蔡依林の「日不落」をチョイスしファンを魅了した。

ライブ中盤も駆け抜けるように踊り続けたダンドル。「神のまにまに」「ラズベリーラブ」でライブ本編を締めたメンバーは、続くアンコールで「アゲアゲアゲイン」を披露しフロアを熱狂の渦へと誘う。ハイテンションのままライブを終えた彼女たちはトップバッターとしての役目を見事に果たしステージをあとにした。

東京女子流

2組目はアジア圏で人気や知名度の高い東京女子流が登場。「Rock you!」から軽快にライブをスタートさせた彼女たちは「1! 2! 3!」という曲中のコールをファンとともに行い、早くも地元ファンの心を掴む。続いてメンバーが「今回初の台湾ライブなんですけど、たくさんのファンの皆さんに会うことができてうれしいです」と感謝の気持ちを言葉にすると、フロアからは温かい拍手が巻き起こった。

この日のライブで東京女子流は「鼓動の秘密」や「ヒマワリと星屑」「おんなじキモチ」「頑張って いつだって 信じてる」といったライブでの鉄板曲を連発した。また2月12日にリリースされる新曲「Partition Love」も披露。歌唱後メンバーは、CDに同曲の中国語バージョンを収録したことを発表しファンを驚かせる。特別にワンフレーズだけメンバーが歌唱すると、地元ファンからは大きな歓声が沸き起こった。

ライブ本編終了後のアンコールでは「Bad Flower」とSweetSのカバー曲「LolitA☆Strawberry in summer」を熱唱。全11曲のセットリストで台湾に女子流旋風を巻き起こした。

でんぱ組.inc

台湾でのライブは今回で3回目となるでんぱ組.inc。ライブは12月にリリースされたばかりのアルバム「WORLD WIDE DEMPA」の収録曲を軸にセットリストを構成。「でんぱれーどJAPAN」「W.W.D」「Future Diver」といったキラーチューンで盛り上げつつ、ライブ中盤には「オレンジリウム」で会場に一体感をもたらした。

そしてMCでは、でんぱ組.incのCDが台湾でもリリースされることが発表された。「ついに台湾のCDショップにもでんぱ組.incが並ぶね。みんなのおかげです。ありがとう!」とメンバーは感謝の気持ちを伝えて、ライブはラストスパートへ。ライブ本編最後は「でんでんぱっしょん」でフィニッシュ。曲入りのきっかけではおなじみとなった寸劇を中国語で披露して地元ファンを喜ばせ、フロアを熱狂させたままステージをあとにする。

アンコールで古川は「2014年1月に台湾に来れたことがとってもうれしいです。今年もいっぱい台湾に来てライブしたいです!」と最後の挨拶。そして3月12日にリリースされる新曲「サクラあっぱれーしょん」を海外初披露し、大盛況のままイベント初日のライブを終えた。

アップアップガールズ(仮)

2日目のトップバッターには激しいパフォーマンスに定評のあるアップアップガールズ(仮)が登場。熱狂的なファンからのコールを受けてステージに上がったアプガは「イチバンガールズ」「マーブルヒーロー」で早くもフロアとの一体感を作り上げ、会場全体の熱気を徐々に上げていく。

ここでほかのグループと同様に中国語での挨拶に挑戦したアプガメンバー。開演前から呪文のように繰り返し練習していたが、激しいライブを行ったあとですべて飛んでしまったのかたどたどしい中国語を披露し会場からの笑いを誘う。最後の新井愛瞳に至っては途中で中国語を諦め日本語で「台湾の美味しいものを食べて思いっきり暴れたいと思います!」と開き直り、会場からの大きな拍手に包まれた。

ライブ終盤ではアプガの攻め曲でもある「チョッパー☆チョッパー」や「アッパーカット!」などを連続で歌唱。言葉の壁を激しいパフォーマンスで打ち破りライブ本編を終える。

アンコールでメンバーは「皆さんが一緒に盛り上がってくれて本当にうれしかったです。アプガの曲は日本語だから意味はわからないかもしれないけど、音楽に国境はないんだなって思いました」とファンに感謝の気持ちを伝え、最後はさまざまな色のペンライトの光に包まれながら「サイリウム」を歌い上げてライブを終えた。

Dorothy Little Happy

@JAMのライブイベントに初期の頃から出演し、その存在感をアイドルファンに示してきたDorothy Little Happy。ライブ序盤の「2 the sky」「恋をしてるの きっと」の2曲で早くも台湾のファンを魅了し、フロアの空気をドロシー色に染め上げる。さらにメンバーの早坂香美は得意とする中国語で流暢に挨拶を行い地元ファンを驚かせた。

MC明けは代表曲の「デモサヨナラ」を歌唱。定番となった「好きよ」「オレモー!」のコール&レスポンスは台湾のファンにも浸透しており、中国語で「ワマシー!(オレモー!)」というコールも起こった。

ライブは2月26日にリリースされるニューアルバム「STARTING OVER」の収録曲や新曲を中心にセットリストを構成しつつも「Life goes on」や「ドロシーの世界一周夏物語」といった定番曲を織り交ぜ、新旧のドロシーを一度に楽しめるライブを展開した。

アンコールでメンバーは「本当に充実したライブでした。台湾にずっと住みたいくらい(笑)」とライブの感想を述べ、最後はタオルを回しながら「未来への虹」を熱唱。退場後も鳴り止まぬドロシーコールを受けてメンバーは再度ステージに登場し「また台湾に来ます!」と宣言する。地元ファンの熱狂的な歓声を受けながらメンバーは再びステージをあとにした。

SUPER☆GiRLS

イベントの大トリを務めたSUPER☆GiRLSはきらびやかな衣装でステージに登場。「赤い情熱」「女子力←パラダイス」「常夏ハイタッチ」と序盤からシングル曲を連発し、フロアのボルテージを一気に上げていく。

ライブ終盤も代表曲を連発。最後は「EveryBody JUMP!!」でファンと一斉にジャンプを行いフロアを大いに揺らしていた。アンコールでは、明日1月25日に誕生日を迎える溝手るかのために「アンコーるかちゃん!」コールが起こり、超絶カラーの赤色のペンライトでフロアは染め上げられた。17歳になる溝手は「海外ライブでお祝いしてもらったのは私が初めてじゃないですか? 台湾でお祝いしていただけたので今年はいい年になると思います。17歳もがんばります!」と抱負を語った。

また2月23日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで行われるコンサートをもって卒業する八坂沙織のラストシングル「空色のキセキ」では、八坂の超絶カラーの水色のペンライトで会場が埋め尽くされた。曲中で八坂は「台湾の皆さん、こんなに水色のペンライトをありがとうございます。この空と同じようにどこにいても私たちはつながっているので、絶対にまた会いましょう!」と感謝の気持ちを語る。

そしてスパガはイベントのラストナンバーとなる「みらくるが止まンないっ!」を熱唱。メンバー全員で「ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えてステージをあとにするも、興奮冷めやらぬファンによって急遽ダブルアンコールを実施。メンバーが「MAX!乙女心」を歌い上げたところで、2日間にわたって行われたイベントは大団円を迎えた。

KAWAII POP FES by@JAM in台湾
2014年1月18日(土)台湾 河岸留言 セットリスト

水瀬いのり(オープニングアクト)

01. きまぐれロマンティック
02. innocent starter

Dancing Dolls

01. Ring Dong
02. メロメロ(Dance Ver)
03. hello
04. 共犯のメロディー
05. ダンス作品入り踊ってみたメドレー
06. 湾岸ワンダーダーリン
07. sunshine
08. DD JUMP
09. 神のまにまに
10. ラズベリーラブ
<アンコール>
11. アゲアゲアゲイン

東京女子流

01. Rock you!
02. 鼓動の秘密
03. Limited addiction
04. Liar
05. Partition Love
06. ヒマワリと星屑
07. ちいさな奇跡
08. おんなじキモチ
09. 頑張って いつだって 信じてる
<アンコール>
10. Bad Flower
11. LolitA☆strawberry in summer

でんぱ組.inc

01. でんぱれーどJAPAN
02. Sabotage
03. イツカ、ハルカカナタ
04. W.W.D
05. オレンジリウム
06. なんてったってシャングリラ
07. Future Diver
08. VANDALISM
09. でんでんぱっしょん
<アンコール>
10. キラキラチューン
11. サクラあっぱれーしょん

KAWAII POP FES by@JAM in台湾
2014年1月19日(日)台湾 河岸留言 セットリスト

アップアップガールズ(仮)

01. イチバンガールズ!
02. マーブルヒーロー
03. 虹色モザイク
04. 夕立!スルー・ザ・レインボー
05. 青春ビルドアップ
06. SAMURAI GIRLS
07. アップアップタイフーン
08. チョッパー☆チョッパー
09. アッパーカット!
<アンコール>
10. サイリウム

Dorothy Little Happy

01. 2 the sky
02. 恋をしてるの きっと
03. デモサヨナラ
04. ASIAN STONE
05. Life goes on
06. clap!clap!clap!
07. ナミダよりずっと速く
08. ドロシーの世界一周夏物語
09. ジャンプ!
10. 恋は走り出した
11. STARTING OVER
<アンコール>
12. 未来への虹

SUPER☆GiRLS

01. 赤い情熱
02. 女子力←パラダイス
03. 常夏ハイタッチ
04. Survival
05. 1,000,000☆スマイル
06. がんばって 青春
07. MAX!乙女心
08. EveryBody JUMP!!
<アンコール>
09. 空色のキセキ
10. みらくるが止まンないっ!
<ダブルアンコール>
11. MAX!乙女心

この記事の画像(全30件)

関連記事

SUPER☆GiRLSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SUPER☆GiRLS / でんぱ組.inc / アップアップガールズ(仮) / 東京女子流 / Dorothy Little Happy / Dancing Dolls の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。