音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

不仲は嘘!?渡り廊下走り隊が解散の真相をすべて明かす

103

渡り廊下走り隊が本日12月25日にベストアルバム「渡り廊下をゆっくり歩きたい」をリリースしたことを記念して、東京都内で記者会見を行った。

ベストアルバム発売決定と同時に解散も発表されている彼女たち。一部報道では解散の理由はメンバーの不仲が原因ではないかと囁かれ、それを裏付けするようにメンバーの不平不満が詰め込まれたYouTube動画も公開され、真偽のほどがファンの間で議論されていた。

本日行われた記者会見にはインドネシア・ジャカルタを拠点に活動する仲川遥香を除く、渡辺麻友、多田愛佳、菊地あやか、岩佐美咲、浦野一美、平嶋夏海の6名が出席。南海キャンディーズ山里亮太の司会進行により、解散の真の理由や現在の心境が明かされていった。

会見ではYouTubeで公開された動画には続きがあり、不仲説は実はメンバーがファンを驚かせるためのドッキリであったことが判明。彼女たちは口々に「みんなのことが大好きだから、嘘を付いてメンバーの悪口を言うのは心苦しかった」と心境を明かし、記者を前に改めて「このたびは不仲という嘘を付いてしまいまして、すみませんでした」と謝罪した。しかし来年2月9日の東京・Zepp DiverCity TOKYO公演をもって解散することは事実で、その理由について渡辺は「渡り廊下走り隊は、学校の渡り廊下をスカートをひらりとさせながら走り抜けるようなイメージのメンバーが集まって結成されました。でも、みんなもう学校も卒業して社会人の年齢になりまして、それぞれソロの活動も確立されてきているので、渡り廊下走り隊というコンセプトの中での役割は果たしたかな」と説明した。

また山里から活動中に一番キツかったことを質問されると、6人とも食事に関するエピソードばかりを挙げていく。中でも平嶋は「麻友は猫舌だから食べるスピードがけっこう遅くて、マネージャーさんから『食べるのが遅いから、急いで!』って注意されたとき、麻友の中で何かがブチッと切れて、走ってそのお店から飛び出していっちゃんたんですよ(笑)」と、渡辺に関するエピソードを紹介。これを聞いた山里は「それって、(X JAPANの)YOSHIKIさんが『カレーが辛い』と言って帰っちゃうようなもんですよ!」と言って驚くが、続けて平嶋が「でも逃げ出したはいいものの、どうしていいかわからなくて、何十メートルか進んだところで座り込んじゃって、誰かが迎えに来てくれるのを待ってるんです(笑)」とオチを披露すると会場は笑いに包まれた。

その後記者から改めて不仲について質問されると、渡辺は「ずっと不仲という体でいなくちゃいけなかったから大変だった」と本音を吐露。多田は「握手会でもファンの方から『みんなと仲悪くないよね?』って聞かれても本当のことを言えなくて、つい『麻友と一番仲が悪い』って答えて驚かせてました」と、ファンとのエピソードを語った。そして浦野は「不仲期間に撮ったメンバーとの写真がいっぱいあるので、今日からブログにアップしていきます」と、嘘を付いている期間中もメンバーとの関係は良好だったことを説明した。

2月9日の解散コンサートについて聞かれると、渡辺は「渡り廊下走り隊として、最初で最後のライブ。みんなワクワクしています」とコメント。多田は「みんなライブに向けて、いろんな意見を出してます」と、メンバーの声が反映されたライブになる予定であることを明かした。そして渡辺は「ファンの方への恩返しの気持ちを込めたライブにする」と力強く宣言した。

最後に「渡り廊下走り隊としての5年間を漢字一文字で表現すると?」と質問されると、多田は「初期の頃はPV撮影でどれだけ走ったことか」と活動を振り返り、「走」という文字を選び会見を終えた。

なお、この記者会見の模様が本日25日22:00から、ニコニコ生放送にて「【記者会見放送~解散の真相~】渡り廊下走り隊ベストアルバムリリース記念特番」と題して紹介。番組ではほかにも、彼女たちがこれまでに発表してきたPVなどが配信される。

ニコニコ生放送「【記者会見放送~解散の真相~】渡り廊下走り隊ベストアルバムリリース記念特番」

配信日時:2013年12月25日(水)22:00~
配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv163066050

音楽ナタリーをフォロー