音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ「ITクロEXPO」で注目ワード“ビッグデータ”学ぶ

520

ももいろクローバーZが本日10月9日、東京・東京ビッグサイトにて開催中の「ITpro EXPO 2013」にて、トークイベント「ITクロEXPO ~ももいろクローバーZがITを学ぶ~」を行った。

このイベントは、ももクロの5人がITジャーナリスト津田大介を講師に招き、耳慣れた言葉ながらその実態についてはよく知られていない「IT」について学ぶというもの。ももクロはITを学ぶ生徒ということで、質素なセーラー服姿で登壇した。リーダー百田夏菜子の号令で「起立、気をつけ、礼!」「よろしくお願いしまーす!」と挨拶すると、トークはまず「ところで、ITって何!?」という基本的なテーマからスタート。

ITについては堅苦しい印象を持っていた5人だが、津田は「ITはみんなにとっても身近なもの」と解説。メンバーも使っているスマートフォンのカレンダー機能や、Twitterのキーワード検索機能などを例に挙げ、ITがいかに現代生活と密接な関わりを持っているのかを5人にわかりやすく説明した。

トーク後半は、IT業界を賑わせている注目のキーワード「ビッグデータ」の話題へ。津田は厳密な用語解説ではなく、最近興味深かった「コンビニで一番売れているスイーツ」の統計データを取り上げる。統計上、実際に一番売れているのは、佐々木彩夏の好物であるシュークリーム。しかし、一見地味な商品ながらコンビニ棚でよく見かけるエッグタルトが、実は「リピート率が高い、隠れた人気商品」なのだという。

また津田は「ももクロの仕事にもビッグデータが活かせる」と、ある統計グラフをスクリーンに表示させた。それは2012年秋から年末にかけて、Twitter上で「ももクロ」がどの程度“口コミ”で話題に上がったかを調べたもの。ももクロは昨年、念願の「NHK紅白歌合戦」初出場を果たしたが、そのグラフからは紅白を機にももクロの話題がいかに広がったかが視認できるものとなっていた。

最後に感想を聞かれると、高城れには「ITなんて遠い存在だと思ってたけど、案外身近なものなんだってわかりました」とコメント。特にコンビニ統計の話題が気になったようで「ももクロのリピーターも増やしていきたいです!」と抱負を語った。そして津田は「僕は15年ほどITを学んできましたが、初めはインターネットってあまり印象のよいものではなかったんです。でも今はこうしてITの話題を通してももクロとお話ができる。ITは夢を見せてくれるものだと思います」と締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー