左からRIKU、岩谷翔吾。

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 冬の特別編「しょごりくのほっこり忘年会」(後編) [バックナンバー]

岩谷翔吾と2人で叶えたい夢

信じている音楽の力、自分たちの使命

3439

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・RIKUさんの連載「音楽大陸」冬の特別編は、岩谷翔吾さんをゲストに招いた「しょごりくのほっこり忘年会」。部屋着でお鍋の準備をする2人の様子をテキストと写真でレポートした前編、お鍋を食べながら思い出話や舞台「ETERNAL」での共演エピソードや2021年の活動について語った動画コンテンツの番外編に続き、この後編の記事ではTHE RAMPAGEが持つ無限の可能性や2人で叶えたい夢について語ります。

取材・/ 清本千尋 撮影 / 曽我美芽

しょごりく2人の夢

筆を持った岩谷翔吾さん。

筆を持った岩谷翔吾さん。

RIKU 今やるべきことが明確になって、焦りもなくて迷いもないって言ってたけど、そんな翔吾が今後やりたいことって何?

岩谷翔吾 小説を出したいですね。

RIKU おおー、どういうお話を書きたいの?

岩谷 いろんな構想があるんですけど、人の持つ温かさや希望について書きたいですね。あと僕はけっこう腐った性格の人間なので、人間の汚い部分も書きたい。ドロドロしていても最後にはどこかに希望がある話。どれだけどん底まで行っても、活路を見出して終わるような物語を書きたいです。

RIKU 翔吾らしくていいね。

筆を墨に浸して……

筆を墨に浸して……

岩谷翔吾さんが書いたのは?

岩谷翔吾さんが書いたのは?

岩谷翔吾さんの2021年を表す漢字は変化の「変」。

岩谷翔吾さんの2021年を表す漢字は変化の「変」。

岩谷 もし作品が映像化することになったときは、ぜひ役者・RIKUで参加してください。

RIKU OK! やらせてもらいます。

岩谷 逆にRIKUさんがやってみたいことはありますか?

RIKU やっぱりTHE RAMPAGEを代表してソロシンガーとしても曲を出すこと。ATSUSHIさんやTAKAHIROさん、SHOKICHIさん、(数原)龍友さんや(片寄)涼太くんもソロで曲を出していますけど、次はワシじゃ!と思っていて。THE RAMPAGEの曲はもちろんスリボ(スリーボーカル)じゃないと歌えない曲だし、この3人で歌えることは最高だけど、どうしても2人に甘えている部分もある。だから「1人でも音楽やステージを完結させられるようにならなきゃダメだよ!」と自分を奮い立たせるためにもソロで曲を出すのが夢。それができてやっとランペのRIKUとして一人前になれると思っているんだよね。

RIKUがソロデビューするなら?

岩谷 ソロではどんなことを表現したいですか?

RIKU 俺だからこそ惹きつけられる人がいると思うし、本物で勝負していきたい思いがあるから、俺らが憧れたEXILEイズム、EXILE魂……そういったものを若造ながらに発信していきたいとすごく思う。

岩谷 RIKUさんがそれを夢に挙げるなら、僕にとっての夢にもなりますね。もし実現したら僕はそのパフォーマンスにダンサーで入りたいです。

RIKUさんも筆を墨に浸します。

RIKUさんも筆を墨に浸します。

RIKUさんが書いたのは……?

RIKUさんが書いたのは……?

RIKUさんの2021年を表す漢字は「蓄」。

RIKUさんの2021年を表す漢字は「蓄」。

RIKU 「ETERNAL」でさ、俺が歌って翔吾が踊るシーンがあったじゃん。あれができて超うれしかったの。

岩谷 ね! 2人のステージをまた絶対にやりたい。

RIKU うん。もしミュージックビデオを作るとなったら翔吾に出てもらいたいな。シンガーソングライターの方のMVで、本人は歌唱のリップシーンのみ、イメージシーンは俳優さんが出てるみたいなものがあるじゃん。翔吾にもしそういうMVに出てもらうなら、ただただハッピーなものじゃなくて、どんどん幸せだったはずが壊れていって絶望を感じた表情を見せる……そんなMVができたらいいな。それに似合う曲を出すことになったら絶対に翔吾に出てもらいたい。

岩谷 そのMVのストーリーは僕が書きますね。

RIKU 最高。俺、誰かを応援できるような歌を歌いたいんだよね。自分がそういう曲に救われてきたから、音楽への恩返しみたいな意味も込めてね。例えば全部のことをやめたいくらい落ち込んだ人がYouTubeでたまたま俺の歌を聴いて生きる活力にして、もうひと踏ん張りしてみようと思うとか、続けていけばそういうことが起きるんじゃないかと思っていて。まず1曲目に出すなら誰かを救えるような、強い光を持った曲がいい。そこを起点にソロでは人間のリアルを表現したい。生きているといいことばかりではないから、そういうときにもパワーになるような曲を歌いたい。それで「これがアーティストRIKUだ」と世間に知ってもらえたらいいなと思っているんだよね。

岩谷 今日みたいに仲間内でごはんを食べているだけで幸せな1日もありますけど、どうやっても何もうまくいかない日って誰にでもありますもんね。そういうときに聴く音楽ってすごく響く。音楽の力って偉大ですよね。それに、こうやって話していると、僕らの可能性って無限大だなとも思います。

RIKU そうそう。デビューから5年が経って、俺らだけで何かを作れるようになってきた。それが俺らの一番の成長かもね。

次のページ
母性をくすぐるんじゃないですか?

関連記事

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。