久保茂昭

映像で音楽を奏でる人々 第17回 [バックナンバー]

アクション映画のノウハウでエンタテインメントを表現する久保茂昭

EXILE HIROとの幸運な出会いから「HiGH&LOW」へ、そして「小説の神様」に至るまで

1449

ミュージックビデオの監督など、あらゆる形で音楽に関わる映像作家たちにフォーカスを当てたこの連載も17回目。今回はEXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEをはじめとするLDHアーティストのミュージックビデオや映画・ドラマ「HiGH&LOW」シリーズの監督として知られる久保茂昭に話を聞く。

今となっては、たくましい男たちのパフォーマンスを魅力的に見せることに定評があるが、もともとは安室奈美恵倖田來未島谷ひとみといった2000年代のディーヴァたちの作品を主としていた久保。EXILE HIROとの幸運な出会いからルーツであるアクション映画の知識を生かした今の作風に行き着くまでの経緯や、スケール感満点のMVをきっかけに誕生した「HiGH&LOW」の裏話もたっぷりと語ってくれた。

取材 ・/ 清本千尋 撮影 / 梅原渉

「お前の作る映画は映画じゃない」

久保茂昭

久保茂昭

小学生の頃の夢が映画監督だったんです。当時はジャッキー・チェンが大好きでアクション映画をよく観ていました。洋楽が流行っていた1980年代に中学校に上がって、その頃にたくさんの洋楽と出会ったんですよね。いつしか映画と同じくらい音楽も好きになって、高校まではどちらかというと音楽にハマっていました。高校時代は将来のことは何も考えてなくて、卒業したらとりあえずバイトで食っていこうかなと思っていたんですが、社会に出てすぐに自分のやりたいことをやるべきだと考え直して、二浪して日本大学の芸術学部に入りました。大学ではたくさんの自主制作映画を撮りましたね。台本を書くときに音楽からインスピレーションを受けることが多かったんですよ。「この曲がエンドロールで流れたらいいな」という思いで書き始めたり、歌詞をもとにストーリーを組み立てたり。大学3年のときに課題で作った15分の短編はシンナーにハマっている少年の物語だったんですけど、かなりぐちゃぐちゃな映像でトリップシーンを撮って曲をガンガン流したら、大学の教授たちに「お前の作る映画は映画じゃない」なんて言われて。当時はすごく落ち込んだんですけど、今思えばその言葉で自分の才能に気付かせてもらったみたいなところもありました。

EXILE HIROとの出会いを引き寄せた安室奈美恵や倖田來未のMV

僕が大学に通っていた1990年代は日本でもMVがたくさん作られるようになった頃なんです。hide with Spread Beaver「ピンクスパイダー」を撮った丹修一さんもMVを撮り始めた時期ですね。日大芸術学部の人間としてMV撮影の現場に行かせてもらう機会が増え、映画よりもMVの監督になりたいという夢が生まれました。そんな中でTHE YELLOW MONKEYとか明和電機の作品を撮っていた高橋栄樹さんに師事することになり、バンドのMVをたくさん作らせてもらいました。栄樹さんのアシスタントを辞めて独立するかしないかの頃、島谷ひとみさんの「やさしいキスの見つけ方」のMVを撮るチャンスをいただいて。それが好評で女性アーティストやダンスにフォーカスしたMVを撮らせてもらうことが増えました。その流れで倖田來未さんと一緒にたくさんMVを作らせてもらって、ちょうど彼女の人気が出てきた頃だったので、一緒に自分の作品も世の中にアピールできたんだと思います。

今となっては、世間ではLDHさんのMVや「HiGH&LOW」を撮っている監督みたいに思われてるかもしれないんですけど、そうなったきっかけは僕が撮った女性アーティストのMVをHIROさんが気に入ってくれたからなんです。HIROさんが新しい映像監督を探しているときに、安室奈美恵 & DOUBLEの「BLACK DIAMOND」、倖田さんの「Hot Stuff feat.KM-MARKIT」、BoAさんの「LOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA」を撮った監督を教えてほしいとエイベックスに連絡があったそうなんですが、3本すべてが僕の監督作で(笑)。HIROさんと出会って僕の監督人生はガラッと変わりましたね。声をかけてもらうまでEXILEのことはあまり知らなかったし、最初のプレゼンでは「僕、最近は女性しか撮ってないんですけど……」と手が震えていました。会った瞬間からHIROさんは優しかったんですけどね(笑)。

HIROさんをはじめ、EXILEメンバーはダンスパフォーマンスに対してすごくプライドがあるので、まずはバラードを撮ってほしいと言われたんです。それで撮ったのが「ただ…逢いたくて(第2章 Ver.)」。その後、14人体制になってから撮らせてもらったのが「ふたつの唇」です。「ふたつの唇」や、同時期に撮らせてもらったDreamの「Breakout」のMVがHIROさんにハマったようで、EXILEの「VICTORY」でやっとダンスもののMVを撮らせてもらえたんです。だから僕の監督人生はずっと地続きなんですよね。

ダンスMVとアクション映画の共通点

EXILEを撮る前からダンスもののMVが得意だと自負しながらも、当時の僕は全然ダンスに詳しくなかったんです。それなのになぜダンスものをうまく撮れたのかというと、昔から大好きで自主制作でもよく作ったアクション映画の知識なんですよね。アクション映画の面白さは殺陣で映像を紡いでいくところなんですが、ダンスもそれと一緒で体を使って歌詞に描かれたストーリーを作っていくので、そういうところが似ていたんだと思います。最初にAKIRAくんと会ったときに「久保監督はなんでそんなにダンスシーンをつなぐのがうまいんですか?」と聞かれて、「ただアクション映画が好きなだけですよ」と答えたことを覚えています。当時の僕はAKIRAくんたちが得意なクランプのことも勉強中だったので、それが精一杯でした(笑)。

島谷さんや倖田さんともアクションを取り入れたMVは撮らせてもらっていたんですが、まさか大好きな「マッドマックス」のような世界観のMVを撮ることになろうとは……(笑)。具体的に言うと三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの「STORM RIDERS feat.SLASH」なんですけど、カーチェイスものはこれが初めてだったかな。

三代目の「STORM RIDERS」や「FIGHTERS」のようなスケール感のあるMVが完成して、HIROさんの中に「HiGH&LOW」のアイデアが浮かんだそうです。その頃はAKIRAくんや岩ちゃん(岩田剛典)が映画に出始めて、劇団EXILEもいて、身体能力の高い役者がLDHにそろっていたんです。従来のテレビドラマでは彼らの身体のポテンシャルを最大限に生かすアクションシーンがなかなかなかったので、「HiGH&LOW」ではここぞとばかりにアクションの練習をしてもらってスタントマンもほぼ使わず撮ろうと。身体能力もそうですけど、ファッションとかビジュアル的な部分でも自分たちが表現できる強みを生かした作品を作ろうという話から「HiGH&LOW」プロジェクトが始まりました。僕が参加したときにはすでに各チームのイメージはできあがっていたんですが、キャラクターに関しては俳優部含めみんなで考えていきましたね。

次のページ
「HiGH&LOW」は夢を叶えてくれる場所

久保茂昭のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 久保茂昭 / EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / 倖田來未 / DOUBLE / 島谷ひとみ / 安室奈美恵 / BoA / Dream の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。