大林宣彦の関連番組をスカパー!で放送、「時をかける少女」や初期の自主映画など

178

4月10日に82歳で死去した映画作家・大林宣彦の関連番組がスカパー!で明日4月15日より順次放送される。

大林宣彦 (c)衛星劇場「大林宣彦のいつか見た映画館」より

大林宣彦 (c)衛星劇場「大林宣彦のいつか見た映画館」より

大きなサイズで見る(全2件)

「時をかける少女」 (c)KADOKAWA 1983

「時をかける少女」 (c)KADOKAWA 1983[拡大]

ラインナップには宮部みゆき原作の「理由」、山口百恵三浦友和が共演した「ふりむけば愛」、原田知世が主演を務めた「時をかける少女」といった大林の監督作が並ぶ。

また初期の自主制作作品「喰べた人」「EMOTION 伝説の午後=いつか見たドラキュラ」や、カメオ出演している「ピンク・レディーの活動大写真」、大林と妻でありプロデューサーの大林恭子を追ったドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 大林宣彦&恭子の成城物語 ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~」も放送される。作品によってチャンネルが異なるので、下記の放送スケジュールおよびスカパー!公式サイトを確認してほしい。

大林はCMディレクターを経て、1977年に「HOUSE ハウス」で商業映画監督デビュー。1980年代には、自身の故郷である広島・尾道を舞台とした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」を発表した。これらは“尾道三部作”として世代を超えて愛されている。2016年に肺がんで余命3カ月を宣告されるも闘病しながら映画を撮り続け、最新作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」の封切り予定日だった4月10日に息を引き取った。「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は新型コロナウイルスの影響により公開延期となり、近日公開を予定。

理由

シネフィルWOWOW 2020年4月15日(水)7:30~ほか

ふりむけば愛

衛星劇場 2020年4月20日(月)10:15~ほか

EMOTION 伝説の午後=いつか見たドラキュラ

衛星劇場 2020年4月23日(木)8:30~

ピンク・レディーの活動大写真

衛星劇場 2020年4月27日(月)10:45~ほか

喰べた人

衛星劇場 2020年5月2日(土)7:30~ほか

時をかける少女

シネフィルWOWOW 2020年5月8日(金)6:00~ほか

ノンフィクションW 大林宣彦&恭子の成城物語 ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~

WOWOWライブ 2020年5月10日(日)8:30~

この記事の画像(全2件)

関連記事

大林宣彦のほかの記事

リンク

関連商品