海辺の映画館―キネマの玉手箱

海辺の映画館―キネマの玉手箱

ウミベノエイガカンキネマノタマテバコ

2020年7月31日(金)公開[PG-12] / 上映時間:179分 / 製作:2019年(日本) / 配給:アスミック・エース

(C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

解説 名匠・大林宣彦が『あの、夏の日』以来20年ぶりに縁の地、尾道で撮り上げたファンタジードラマ。閉館間近の映画館で、スクリーン上の戦争の時代にタイムスリップした若者たちの数奇な体験を描く。日本の戦争史をたどりながら、さまざまな映画表現を展開させた大林監督の手腕を堪能することができる。出演は厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦ら。

ストーリー 閉館前の最後の上映として、戦争映画をオールナイトで上映している瀬戸内の映画館。映画を見ていた若者3人組は、突然の稲妻の閃光とともにスクリーンの中の戦時にタイムスリップ。そこで旅の劇団・桜隊と出会った彼らは、戦火から劇団を守ろうと行動を起こす。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全10件)