映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

花筐/HANAGATAMI

花筐/HANAGATAMI

ハナガタミ

解説

名匠・大林宣彦監督が、1977年のデビュー作『HOUSE ハウス』より以前に書き上げていたという脚本を映画化した青春群像劇。『この空の花』『野のなななのか』に続く“戦争3部作“の最終章で、檀一雄の純文学『花筐』を基に、戦争の時代に生きた若者たちの姿を描く。窪塚俊介が主演を務め、満島真之介、矢作穂香、常盤貴子らが共演する。

ストーリー

1941年の春、佐賀県唐津に暮らす叔母の元に身を寄せる17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇、女友達のあきねや千歳たちと青春を謳歌していた。しかし、彼らの自由な日常は、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。

2017年12月16日(土)公開[PG-12] / 上映時間:169分 / 製作:2017年(日本) / 配給:新日本映画社

(C)唐津映画製作委員会/PSC 2017

(C) PIA

花筐/HANAGATAMIのニュース

映画ナタリーをフォロー