山形国際ドキュメンタリー映画祭の受賞結果が発表、原一男は市民賞を獲得

241

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の受賞結果が発表された。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017授賞式の様子。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017授賞式の様子。

大きなサイズで見る(全17件)

「オラとニコデムの家」

「オラとニコデムの家」

「オラとニコデムの家」の監督アンナ・ザメツカ。

「オラとニコデムの家」の監督アンナ・ザメツカ。

10月5日から12日まで山形・山形市中央公民館ほか市内各地で開催された同映画祭。121の国と地域から1146本の応募があったメインプログラムのインターナショナル・コンペティション部門では、ポーランドで暮らす問題を抱えた家族を見つめたアンナ・ザメツカの「オラとニコデムの家」が大賞にあたるロバート&フランシス・フラハティ賞を獲得した。山形市長賞はアルフォーズ・タンジュールの「カーキ色の記憶」、優秀賞はシャー・チンの「孤独な存在」とラウル・ペックの「私はあなたのニグロではない」が受賞。またジョアン・モレイラ・サレスの「激情の時」に特別賞が与えられたほか、同部門に出品された原一男の「ニッポン国VS泉南石綿村」が市民賞に輝いた。

「乱世備忘-僕らの雨傘運動」

「乱世備忘-僕らの雨傘運動」

「乱世備忘-僕らの雨傘運動」の監督チャン・ジーウン。

「乱世備忘-僕らの雨傘運動」の監督チャン・ジーウン。

アジアの新進作家のドキュメンタリーを紹介するアジア千波万波では63の国と地域から集まった645本の中からチャン・ジーウンの「乱世備忘-僕らの雨傘運動」が小川紳介賞に選出。奨励賞はソン・ユニョクの「人として暮らす」、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールの「あまねき調べ」、特別賞はチョン・ユンソクの「パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ」、チャオ・ダーインの「翡翠之城」が受賞した。なお「あまねき調べ」は日本映画協会賞も獲得している。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017受賞結果

インターナショナル・コンペティション部門

ロバート&フランシス・フラハティ賞

「オラとニコデムの家」(アンナ・ザメツカ)

山形市長賞

「カーキ色の記憶」(アルフォーズ・タンジュール)

優秀賞

「孤独な存在」(シャー・チン)
「私はあなたのニグロではない」(ラウル・ペック)

特別賞

「激情の時」(ジョアン・モレイラ・サレス)

アジア千波万波

小川紳介賞

「乱世備忘-僕らの雨傘運動」(チャン・ジーウン)

奨励賞

「人として暮らす」(ソン・ユニョク)
「あまねき調べ」(アヌシュカ・ミーナークシ / イーシュワル・シュリクマール)

特別賞

「パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ」(チョン・ユンソク)
「翡翠之城」(チャオ・ダーイン)

市民賞

「ニッポン国VS泉南石綿村」(原一男)

日本映画協会賞

「あまねき調べ」(アヌシュカ・ミーナークシ / イーシュワル・シュリクマール)

この記事の画像(全17件)

関連記事

リンク

関連商品