映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高良健吾が芥川龍之介に、二階堂ふみ主演×石井岳龍監督「蜜のあわれ」に出演

206

「蜜のあわれ」より、アクタガワ役の高良健吾。

「蜜のあわれ」より、アクタガワ役の高良健吾。

二階堂ふみ主演「蜜のあわれ」に、高良健吾が出演していることがわかった。

「蜜のあわれ」は、大正時代の詩人として知られる室生犀星が手がけた超現実主義的小説の映画化作品。「狂い咲きサンダーロード」「ソレダケ / that’s it」の石井岳龍が監督を務め、これまでに二階堂、大杉漣真木よう子の出演が発表されていた。

金魚に姿を変えられる少女・赤子と、彼女と2人で暮らす老作家の“おじさま”、そして老作家の過去の女の幽霊・田村ゆり子という奇妙な三角関係が描き出される本作。高良はこの映画の中で“アクタガワ”という名で登場する小説家、芥川龍之介を演じる。原作者の室生と同時代に活躍した芥川。2人は実生活でも親交が深く、芥川は死の前日にも室生を訪ねたというほど。

石井は高良のキャスティングについて「アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました」とコメント。一方高良は「10代の頃監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります」と明かし、「石井岳龍監督の世界に参加できた喜びを感じています」と感動を語っている。

「蜜のあわれ」は2016年に全国ロードショー。

高良健吾 コメント

10代の頃監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。
監督は現場でも、とてもかっこよかった。紳士だった。ロックだった。
僕は芥川龍之介の幽霊の役です。幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました。
石井岳龍監督の世界に参加できた喜びを感じています。
是非。蜜のあわれ。お楽しみに。

石井岳龍監督 コメント

アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました。努力家でじっくり役を掴んでいくタイプですね。久々にキレた方向の役だと思いますが、国民的作家の元祖が、あの世から蘇り、鋭くすべてを射抜くような眼力で 狂的な熱を発し微笑む姿を、静かに熱演してくれてます。圧巻です。

映画ナタリーをフォロー