映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「蜜のあわれ」二階堂ふみと真木よう子の妖艶シーン、真木は「男性的な感性働いた」

178

「蜜のあわれ」最新場面写真 (c)2015『蜜のあわれ』製作委員会

「蜜のあわれ」最新場面写真 (c)2015『蜜のあわれ』製作委員会

二階堂ふみ主演作「蜜のあわれ」の最新場面写真とコメントが到着した。

本作は、室生犀星の短編小説を石井岳龍が映画化した文学ドラマ。金魚から人間の姿に変貌する少女・赤子と老作家の“おじさま”の恋をエロティックに描き出す。二階堂が赤子を、大杉漣が作家を演じ、彼の過去の女である幽霊・ゆり子に真木よう子が扮している。

このたび到着した場面写真は、赤子とゆり子の妖しげなふれあいを収めたもの。真木はこの場面について「おじさまの浮気が発覚し泣きわめく赤子に対して、ゆり子が慰めるシーンは、すこし男性的な感性が働いたと思います。それは純粋に、赤子に魅力を感じたからこその、自然な流れでした」と話す。

石井は、もともと原作のファンだったという二階堂に関して「恐るべき女優さんですね。会った瞬間から、この人は赤子だと思いました」「自分の意見もきっちり伝える、非常にしっかりとした大人の部分と、自由奔放な子供っぽい部分を併せ持っている方ですね」とコメント。また真木が演じたゆり子という役柄を「幽霊だけど人間的な感情もあって一番難しい役柄だったと思うのですが、編集してみると感情が繋がっていてさすがでしたね。幽霊なのに、『心臓が止まるかと思った』とかおかしいセリフも、絶妙なお芝居になっておりました」と振り返る。さらに場面写真に収められたシーンについては「二階堂さんのあくまで金魚としての無邪気な好奇心と言動と人間的エロスに対する幼稚さゆえの戸惑いと、真木さんの幽霊でありながらも生前のエロスが徐々に蘇り灯がついてゆく複雑な戸惑いの、感情表現のぶつかり合いが見事で、鑑賞していると何かこう体の奥の方がゾクゾクぞわぞわしますね」と解説した。

「蜜のあわれ」は4月1日より東京・新宿バルト9ほかにてロードショー。

映画ナタリーをフォロー