映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

二階堂ふみと石井岳龍、「蜜のあわれ」イベントで歌人・穂村弘から絶賛受ける

180

「蜜のあわれ」トークイベントの様子。左から石井岳龍、二階堂ふみ、穂村弘。

「蜜のあわれ」トークイベントの様子。左から石井岳龍、二階堂ふみ、穂村弘。

本日3月2日、「蜜のあわれ」のトークイベントが東京・丸ビルホールで行われ、主演を務めた二階堂ふみ、監督の石井岳龍、歌人の穂村弘が登壇した。

本作は、室生犀星の短編小説を原作とする文学ドラマ。金魚から人間の姿に変貌する少女・赤子と、彼女とともに暮らす老作家のふれあいをエロティックに描く。赤子を二階堂、老作家を大杉漣が演じ、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏らが脇を固めている。

本イベントは、国内外の作家、翻訳家、編集者、読者たちの交流を図る「東京国際文芸フェスティバル」の一環として開催された。室生犀生のファンである穂村は「原作はすごく好きな小説だったんですが、映像化はできないんじゃないかなと勝手に思い込んでいて。しかもアニメーションとかではなく実写で、素晴らしい“金魚像”を見せていただけました」とコメント。石井は「映画というのは小説と違って生身の俳優が演じ、それをスタッフが形にするわけですが、どうしても嘘がつきづらいんですね。だからこそ俳優の感情表現が重要で、100%役になりきってもらってお客さんの心をぐっとつかむことが必要なんですけど、今回は二階堂さんはじめ出演者の方々のおかげでベストが尽くせたと思います」と自信を見せる。

二階堂は、赤子の役作りについて聞かれると「言葉に意味を持たせないようにしていたというか。あまり1つの場所にとどまらず、常に(金魚のように)泳ぎ続けているようなイメージを持っていました。例えば友達の子供を見て、『子供ってこんな動きをするんだ』と思って参考にしたりしたんですが、現場でいろいろ試してみると楽しくなってきて。まず動いて、言葉があとから付いてくるという感覚でしたね」と回答した。

穂村は二階堂と大杉の演技について「もともと、この物語はずっと赤子と老作家がイチャイチャしてる話じゃないですか。でも1人は老人、1人は金魚だからどっちも長く生きない。映画では、その命を懸けてイチャイチャしてる感じがすごく出ていました。最後に人間が望むものはなんなのかということが、2人のやり取りを観ていると浮かび上がるような気がして、目が離せませんでした」と述懐。石井は「現場では大杉さんと二階堂さんが老作家と赤子にしか見えませんでした。二階堂さんは最初にお会いしたときから赤子に見えた」と明かす。

原作のファンであり出演を熱望していたという二階堂は、完成した映画を観た際の感想について「気持ちがいっぱいになりました」と説明。さらに、「原作はものすごく感覚的な文学作品なんですよね。映画にはそのよさが残っているし、観た人それぞれがどういうことを思ったとしても間違いではなくて、むしろすべてが正解。そんなふうに、鑑賞された方に委ねることのできる作品に携われたことがうれしかったです」と述べた。

「蜜のあわれ」は4月1日より、東京・新宿バルト9ほかにてロードショー。

映画ナタリーをフォロー