蜜のあわれ

蜜のあわれ

ミツノアワレ

2016年4月1日(金)公開 / 上映時間:110分 / 製作:2016年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会

解説 石川県金沢市生まれの文豪・室生犀星が晩年に発表した小説『蜜のあはれ』を、二階堂ふみ主演で映画化。『狂い咲きサンダーロード』『ソレダケ/that's it』の石井岳龍がメガホンを執り、変幻自在の金魚の姿を持つ少女・赤子と、共に暮らす老作家との独特の世界観を表現する。妖艶な美しさを持つ赤子を二階堂、老作家を大杉漣が熱演する。

ストーリー 自分のことを“あたい“と呼び、丸いお尻と愛嬌のある顔が愛くるしい少女・赤子は、共に暮らす老作家と、止め処ないお喋りをして毎日を過ごしている。人間にはわからないが、実は赤子の正体は真っ赤な金魚だった。ある日ふたりのもとに怪しげな女が現れて……

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:石井岳龍

キャスト

赤子:二階堂ふみ
老作家:大杉漣
ゆり子:真木よう子
韓英恵
上田耕一
渋川清彦
芥川龍之介:高良健吾
金魚売りの男:永瀬正敏
岩井堂聖子

蜜のあわれの画像