映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

園子温、石井岳龍、塚本晋也らの8mm自主映画がベルリンと香港の映画祭で上映

387

「電柱小僧の冒険」

「電柱小僧の冒険」

2月11日に開幕する第66回ベルリン国際映画祭、3月21日よりスタートする第40回香港国際映画祭にて日本の8mm自主映画にスポットを当てた企画「8mm Madness:Japanese Indies from the Punk Years(仮題)」が実施される。

これは2016年に行われる第38回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)とベルリン国際映画祭、香港国際映画祭による共同プロジェクト。PFFが保管してきた自主映画11本を7プログラムに分けて紹介する。

“PUNK”をキーワードにセレクトされた上映作品には石井聰亙(岳龍)が監督を務め、鬱々とした日々を過ごす浪人生が感情を爆発させる「1/880000の孤独」、ストップモーションを駆使した塚本晋也による近未来オリエンタルSF「電柱小僧の冒険」などが並ぶ。そのほか園子温がメガホンを取り、自身のアイデンティティや映画というフォーマットに鋭く斬りかかった「俺は園子温だ!」、映画の虚構性に言及した諏訪敦彦の監督作「はなされるGANG」といったメタ的な視点から制作された8mm作品なども上映される。

映画祭では、同プロジェクトのために作成された2Kデジタルリマスター版を上映する。なお同企画は日本でも実施を予定。詳細は決まり次第PFF公式サイトにて発表されるので、続報を待とう。

8mm Madness:Japanese Indies from the Punk Years(仮題)

<上映作品>
「1/880000の孤独」石井聰亙(現・岳龍)
「電柱小僧の冒険」塚本晋也
「俺は園子温だ!」園子温
「はなされるGANG」諏訪敦彦
「男の花道」園子温
「東京白菜関K者」緒方明
「聖テロリズム」山本政志
「UNK」手塚眞
「HIGH-SCHOOL-TERROR」手塚眞
「雨女」矢口史靖
「愛の街角2丁目3番地」平野勝之

映画ナタリーをフォロー