音楽ナタリー

乃木坂46白石、1.5億競走馬を命名「キミノナハセンター」

237

フジテレビ系競馬バラエティ番組「うまズキッ!」の企画の一環として、小嶋陽菜(AKB48)と白石麻衣(乃木坂46)がそれぞれ競走馬の名付け親となり、昨日6月15日深夜放送の番組にて彼女たちが命名した名前が発表された。

小嶋、白石に競走馬を提供したのは大物馬主の1人であるフィールズ株式会社の代表取締役会長・山本英俊。小嶋は一昨年に2億5000万円で落札された競走馬・ディープインパクトの弟に「モンドシャルナ」と名付けた。名前に込めた意味について、小嶋は「兄のディープインパクトが果たせなかった凱旋門賞制覇を成し遂げてほしいと思い、フランス語で馬名を考えた」とコメント。さらに「“モンド”と“シャ”は、フランス語でそれぞれ“世界”“猫”の意味で、私はAKBメンバーやファンの皆さんから“にゃんにゃん”と呼ばれているため、“はるな”をもじって“シャルナ”にしました。そのまま合わせると“世界の陽菜”となるのですが(笑)、私の名付けたモンドシャルナに世界一になってほしいという思いを込めました」と語り、番組MCのおぎやはぎからは「名前の響きがカッコいい」と賛辞が贈られた。

また白石は、昨年1億5000万円で落札されたレッドディザイアの弟に「キミノナハセンター」と命名した。名前の意味については「乃木坂46のメンバーとして活動して、まもなく2年になりますが、次のシングル曲(『ガールズルール』)で初めてセンターを任せていただけることになりました。センターで歌うということは私たちにとって格別なことで、競馬界でも同じことが言えるのかなと思い、“競馬界のセンター”に立つような馬になってほしいと思い命名しました。“キミノナハ”は、乃木坂46の代表曲“君の名は希望”から取りました」と説明。おぎやはぎは「“何とかディザイア”といった名前かと思っていたので想像と違ってビックリ。奥深い感じがする」、小嶋は「まいやん(白石)のセンター記念の意味も込められていて縁起がいい名前」とその感想を語った。

なお「うまズキッ!」では、彼女たちが名付け親となった「モンドシャルナ」「キミノナハセンター」に密着。今後もその模様を随時レポートしていくとのことだ。

小嶋陽菜 コメント

<命名するにあたって感じたこと>
あの名馬ディープインパクトの弟に名前を付けるということで、いろいろな方から声をかけていただき、その責任の大きさを感じていましたが、いい名前を付けられたと思います。

<名付け親となった競走馬としてみたいこと>
まずは、会いにいきたいですし、早く競馬場でも見てみたいです。歩いているところだけでも見てみたいですね。あとは、競馬場で“モンドシャルナ”と呼びかけたいです。“名付け親心”が芽生えてきました。

<名付け親となってみて>
出走するレースで、競馬新聞に印が1つも付いていなかったらどうしよう(笑)。逆に、印がいっぱい付いていたら楽しみですね。新聞に自分の付けた名前が載ったり、実況で名前を呼ばれたりすることを想像すると、改めてすごいことをさせていただいたんだなあと実感しています。

<どんな競走馬になってほしいか>
お兄さんのディープインパクトが果たせなかった凱旋門賞制覇が夢です。お兄さんのように、ほかの馬たちを後方から一気にかわしていくような走りを見せてほしいです。

白石麻衣 コメント

<命名するにあたって感じたこと>
「うまズキッ!」を始めるときに、雑誌のインタビューで競走馬に名前を付けたられたらいいなあと話していたことが現実になったので、本当にうれしかったです。

<名付け親となった競走馬としてみたいこと>
トレーニングしているところや、がんばっている姿を早く見たいです。名前が少し呼びにくいので、“キミチャン”と呼びかけてみようと思います。“私も今度センターでがんばるから一緒にがんばろう”と言ってあげたいです。また、(自身がセンターを務める)「ガールズルール」のCDを持っていって、聴かせてあげたいです。

<名付け親となってみて>
競走馬に名前を付けさせていただいたこと自体にびっくりしていて、いまだに信じられない思いです。実際に“キミノナハセンター”が競馬場で走っている姿を見たら、感動で涙が止まらないと思います。20歳を境に涙腺が弱まっているので(笑)。実況で名前を呼ばれたときに、名付け親となったことを初めて実感できるのかもしれません。“キミノナハセンター”の名前が載った競馬新聞は、たくさん買って永久保存版にします。

<どんな競走馬になってほしいか>
競走馬はほかにもたくさんいますが、その中でもセンターを走っていってほしいので、“競走馬のセンター”とも言える日本ダービーを制覇してほしいです。私自身、負けず嫌いな性格なので、競り合いに強かった姉のレッドディザイアのように、最後まで勝負をあきらめない馬になってほしいです。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】