音楽ナタリー

40mP「虹色オーケストラ」神戸公演で2000人が絵本の世界に

1793

40mPが監修、事務員Gが企画を手がけた、40mPの楽曲を歌い手や演奏陣によってパフォーマンスする同人ライブイベント「虹色オーケストラ」が5月11日に兵庫・神戸文化ホール 大ホールにて開催。集まった約2000人のファンが彼らの作り出したエンタテインメントショーを目撃した。

昨年10月の東京・日本青年館に続く第2回公演となる今回は、歌い手として天月、伊東歌詞太郎、Φ串Φ、clear、that、シャノ、千穂(えいちぴよこ)の7人が参加。40mPがアコースティックギターとコーラス、事務員Gがピアノを担当したほか、[TEST]がエレキギター、maoがベース、ショボンがドラム、紅い流星がキーボード、あつしがパーカッション、京都市立芸術大学および国立音楽大学の面々がストリングス、ブラス隊として参加した。

前回の東京公演はMCをはさみながら行われていたのに対して、今回は途中のMCは一切なし。ライブは来場時に配布された絵師・たま制作の絵本「虹の向こうの物語」のストーリーに沿って進行し、曲の間には絵本を朗読するナレーションが流れるという、前回とは大きく方向性を変えたコンセプチュアルな内容となった。絵本で描かれたのは、画用紙に絵を描くのが大好きなひとりぼっちの女の子の物語。インターネット音楽シーン随一のプレイヤー陣による強力な演奏と、こだわりを感じさせる光の演出で、観客を絵本の世界にぐいぐいと引き込んでいった。

大きな歓声とともに舞台の幕が開くと、まずは伊東歌詞太郎の伸び伸びとしたボーカルによる「夢地図」からライブがスタート。千穂がブラス隊を率いて熱唱する「キリトリセン」や、ストリングスと事務員Gのピアノをバックにclearがしっとりと歌う「Melody in the sky」、ギラギラしたスパンコールの幕を背にキャバレーのような雰囲気でthatが歌う「純情スカート」「妄想スケッチ」、事務員Gのマリンバ演奏が披露された天月のボーカルによる「シリョクケンサ」など、多彩な音楽性で40mPの楽曲を表現していく。

絵本の少女が友だちの絵を描くようになり「もうひとりぼっちじゃない」と感じたとき、その気持ちを表すようにステージ上ではシャノ、千穂の2人が「フタリボシ」を仲良くデュエット。物語に呼応して楽しげな曲が続き、「Smile again」ではclear、Φ串Φ、thatの3人が掛け合いを繰り広げつつ美しいハーモニーを響かせた。また、友だちを描いた絵が大雨で水浸しになってしまい少女が泣くという展開になると、それにあわせて悲しみや涙を表現した「雨とアスファルト」「ジェンガ」といった曲がパフォーマンスされた。

「からくりピエロ」では間奏でベース、ドラム、バイオリン、サックス、ギターがソロを回すという、プレイヤー陣にとっての見せ場も用意。「はじめての涙」では40mPと事務員Gの頭上にスポットライトが当てられ、ピアノとアコースティックギターを中心にしたシンプルなアレンジで、40mPが自らメインボーカルとなって弾き語りを披露した。

ストーリーが終盤を迎え、絵に描かれた友だちが少女のもとに帰ってくると、シャノがその喜びを歌に込めて「おかえり」をパフォーマンス。物語の締めくくりには天月と伊東歌詞太郎が「タイムマシン」で、力強く高らかに希望を歌い上げた。一旦幕が閉じて再び開くと、そこには合唱団をバックに従えた、この日出演した7人の歌い手たちの姿が。彼らが全員で「ほころび」を合唱すると、ストリングスとブラスの壮大なサウンド、純粋で澄んだ歌声が会場を包んだ。

その後、ステージは虹のような7色の光で照らされ、7人の歌い手たちはマーチングドラムに合わせて行進するようにリズムを取りつつ「ドレミファロンド」を歌唱。感動の余韻を残しつつ、ホール全体をハッピーな空気で満たしてエンディングを迎えた。

カーテンコールで演奏者や歌い手など出演者たちが紹介され、最後に40mPの名前がアナウンスされると、客席からは惜しみない拍手が贈られた。今回の公演は一切MCがないまま進行したが、40mPは最後に来場者に向けて「曲を作る人間にとって、その曲を愛してくれることはこのうえなく幸せなことです。昨年東京で『虹色オーケストラ』の第1回公演を行った日は、音楽をやってきた数年間の中で一番幸せな日でした。そして今日は、さらに幸せな1日になることができました。皆さんのおかげです。本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。

終演後、会場出口では来場者全員に40mPからの手紙が配られ、その手紙の中で「虹色オーケストラ」の第3回公演が行われることが発表された。第3回公演の日程は12月29日で、会場は埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール。詳しい情報は「虹色オーケストラ」のオフィシャルサイトで後日発表される。

2013年5月11日 兵庫・神戸文化ホール 大ホール「虹色オーケストラ」セットリスト

01. 夢地図 / 伊東歌詞太郎
02. トリノコシティ / 天月
03. キリトリセン / 千穂(えいちぴよこ)
04. Melody in the sky / clear
05. 純情スカート / that
06. 妄想スケッチ / that
07. シリョクケンサ / 天月
08. フタリボシ / シャノ、千穂(えいちぴよこ)
09. さんぽみち / シャノ
10. Smile again / clear、Φ串Φ、that
11. 雨とアスファルト / 伊東歌詞太郎
12. ジェンガ / Φ串Φ
13. からくりピエロ / clear
14. キミボシ / 千穂(えいちぴよこ)
15. はじめての涙 / 40mP
16. STEP TO YOU / Φ串Φ
17. おかえり / シャノ
18. 春に一番近い街 / that
19. タイムマシン / 伊東歌詞太郎、天月
20. ほころび / 全出演者
21. ドレミファロンド / 全出演者

音楽ナタリーをフォロー