音楽ナタリー

椎名林檎×真木よう子、映画「さよなら渓谷」主題歌コラボ

1041

真木よう子が、自身の主演映画「さよなら渓谷」の主題歌「幸先坂(さいさきざか)」を歌唱。この曲の作詞作曲を椎名林檎が手がけていることが明らかになった。

「さよなら渓谷」は吉田修一の小説を原作とした映画で、真木は事件の被害者でありながら、加害者を愛してしまう難役に挑んでいる。監督は大森立嗣が務め、主要キャストには大西信満、鈴木杏、井浦新、新井浩文、木下ほうか、三浦誠己、薬袋いづみ、池内万作、木野花、鶴田真由、大森南朋が名を連ねる。

今回真木は、プロデューサーの「映画のエンドロールまで映画の世界感を残したい」という要望を受けて主題歌を歌うことを決意。その際に「歌手ではない私が歌うなら信頼できる方とご一緒したい」と提案し、かねてよりメールでやり取りをするなど親交を深めていた椎名にコラボを持ちかけたという。

なお真木は、2011年に発表されたTOKYO No.1 SOUL SETの企画アルバム「全て光」にボーカルで参加するなど歌声を披露しているが、映画の主題歌を歌うのはこれが初めて。「幸先坂(さいさきざか)」は椎名が映画を観て書き下ろしたもので、映画のエンディングで流れる。

映画「さよなら渓谷」は6月22日より、東京・有楽町スバル座、東京・新宿武蔵野館ほかで公開される。

椎名林檎コメント

一足お先に拝見しました
ありがとうございました
一度鑑賞し終わったとき・・
無音のエンドロールをぼんやり眺めていると、真夏の土の匂いのように音楽が沸き上がりました
ずっと昔から渾渾と生まれて来ていたのにずっと見ないフリをして済ませて来ていたかのように
この映画には、一貫して、作為とは無縁の大自然が横たわっていたのです
だからこちらから提供する素材も、決して調理しないよう気を付けました
真木よう子氏も、同じ考えをもって声を出していたのではないでしょうか
はじめからおわりまで、圧巻の名演でした
銘作の完成、本当におめでとうございます

音楽ナタリーをフォロー