音楽ナタリー

ガガガSP桑原の入院に伴い全ライブ中止&新作発売延期

134

現在入院中と伝えられていたガガガSPのベーシスト、桑原康伸が急性すい炎と診断された。

担当医は彼の症状の重さから復帰までかなりの時間が必要であると判断。これに伴い、現段階で決まっていたツアーやイベントへの出演が全て中止となり、11月発売が予定されていたニューアルバムの発売が延期されることになった。

ニューアルバムのレコーディング中に体調に異変を感じ、8月14日に救急病院へと搬送された桑原康伸。その後ICUにて1週間治療を受け、現在は一般病棟へと移っている。ガガガSPは桑原の入院後すぐに9月2日までのライブ予定のキャンセルをアナウンス。その後サポートメンバーを入れて活動を続行することも検討したが、「ガガガSPはいついかなる時でもこの4人であるべきだ」との判断から、12月に開催予定だった「長田大行進曲」を含む全公演のキャンセルを決断したという。

なお、チケットの払い戻しについては今後順次発表される。

桑原康伸コメント

この度は、お客さん、メンバー、スタッフ、イベンターさん他、数えきれない人達に多大な迷惑をかけてしまい、心からお詫び申しあげます。何より、ツアーを楽しみにしてくれてたお客さんのことを思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。とっても悔しいです。

でも今はその悔しさをバネに、精一杯治療、リハビリに専念していきたいと思います。病室では色んなことを考えましたが、次ステージに立つ時は、新生桑原康伸をどうぞよろしくお願いします!!

音楽ナタリーをフォロー