音楽ナタリー

「HOTEL GLAY」再オープン!新旧名曲連発に10万人熱狂

741

GLAYが大阪・長居スタジアムにて、7月28日・29日の2日間にわたり「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico」を開催した。このライブは2009年に神奈川・日産スタジアムで行われた「THE GREAT VACATION」に続き、「HOTEL GLAY」というコンセプトで開催されたスペシャルライブ。3年ぶりの「HOTEL GLAY」を楽しもうと、会場は2日間合わせて10万人の観客で超満員となった。

「SUPER WELCOME PARTY」と銘打った初日は、開演前に「HOTEL GLAY」の“総支配人”TAKURO(G)が北側スタンド席中央付近から登場し、ファンを驚かせる。そのままスタンド席下方まで降りた彼は、演説台に立ち「ようこそHOTEL GLAYにいらっしゃいました。総支配人のTAKUROです!」と挨拶。「この場所からたくさんの愛を全国、全世界に届けたいと思います。皆さんの愛を、特に東北地方にたくさん送って、愛でいっぱいにしましょう」とメッセージを伝え「それではHOTEL GLAYオープンです!」と、高らかに2日間の大イベントの幕開けを宣言した。

その後会場のビジョンでは、前回の「HOTEL GLAY」から今回の“新装開店”まで、メンバーそれぞれがどんな仕事をして3年間を過ごしてきたかを振り返るショートムービーを上映。工事現場やホストクラブで働くそれぞれのコミカルな演技に、5万人から大爆笑が起こる。映像が終わると白亜のホテルをイメージしたステージセットの上方から花火が打ちあがり、いよいよライブがスタートした。

TERU(Vo)の「長居スタジアム! 準備はいいか! みんなで熱く夢見ていこうぜ!」という叫びから始まった1曲目は「BEAUTIFUL DREAMER」。力強いサウンドに合わせ、5万人が一斉に腕を振り会場の熱気は急上昇。「SOUL LOVE」「グロリアス」では4人全員がアリーナ外周を取り囲む花道を練り歩き、ステージ後方のサブステージへ移動する。スタンド席や後方のファンにもアピールし、近距離でのファンとのコミュニケーションを楽しんでいる様子を見せた。

ここでFM802のDJ、落合健太郎が登場し、「7月28日、なにわの日に大阪に来てくれてありがとう!」と挨拶。そのまま彼のオープニングアナウンスを受けて演奏されたのは「STAY TUNED」。GLAYは真夏の大型ライブにぴったりのナンバーで会場をさらに盛り上げた。その後「関西にはたくさんの思い出があります。関西をモチーフとして愛をこめて、今回新曲としてここに放ちます」とTERUが語り、新曲「Route 5 Bayshore line」を披露。関西の地名やネタをふんだんに織り込んだ切ないラブソングに、観客はうっとりと聴き入っていた。

そして「公約通り、メンバーそれぞれのメドレーを作ってきたぜ!」とTERUが叫び、作曲者ごとに分かれたメンバー別メドレーがスタート。トップバッターはHISASHI(G)のメドレー。「neuromancer」「アイ」といった名曲に、会場は沸き返る。その後はHISASHIが花道を歩きながら古今の名曲の印象的なギターフレーズを次々と披露。「Bad Feelin'」は布袋寅泰モデルのギターで演奏し、「ROCKET DIVE!!」ではhideモデルのギターを弾きながらボーカルも披露するなど大活躍。曲中にはヘアメイクのスタッフがピンクのスプレーでHISASHIの髪を染め、オーディエンスを沸かせた。

そのあとはメンバー4人がサブステージに移動し、TERUのメドレーを披露する。TERUは「Back Up」「BLAST」といったナンバーで熱い歌声を響かせ、その直後には「Little Love Bird」で、会場を柔らかな雰囲気へ導くなど、彼のボーカルのさまざまな魅力が感じられるひとときとなった。そのあとはメンバー全員が5万人の観客に向けて挨拶。JIROは「みんなの熱気と笑顔が最高にうれしいです」、HISASHIは「先程は『全然暑くない』と言いましたけどウソです、すげえ暑いです(笑)」と話し、TAKUROは「HOTEL GLAYがこうやってまた大阪に復活できたことをうれしく思います」と挨拶。TERUは「デビューして18年、まだまだこんな景色が観れるとは思ってませんでした。それもすべて皆さんのおかげです」と感慨深げに語る。そんな彼らの思いが込められた次の曲は「May Fair」。彼らの鳴らす柔らかく美しい音色が、大阪の空に優しく響き渡った。

夕暮れを迎え、「BUGS IN MY HEAD」から始まったのはJIROのメドレー。「AMERICAN INNOVATION」ではTERUの煽りに応えて5万人が一斉にタオルを回す。続く「SHUTTER SPEEDSのテーマ」の前には、JIROが「この一瞬が終わるのさみしいけどさ、もっとみんなで熱くなろうぜ!」と、会場の熱気をさらに上昇させる。そして本編もいよいよ終盤へ。ステージ上方から炎が吹き上がったラストナンバー「ACID HEAD」では、HISASHIが花道を外れてアリーナ席ギリギリまで近寄る。TERUは衣装を脱ぎ捨てて上半身裸で花道を駆け抜け「最高に熱かった! 本当にありがとう!」と絶叫した。

アンコールで登場したTERUは本編のラストを振り返り「走るのに夢中になって『ラストソング!』っていうの忘れました……最後なんでみんな不満そうな顔してるんだろうって思ったら……(笑)」と恥ずかしそうに語る。そんなファンの不満を打ち消すかのように、1曲目は会場中が一体となって合唱した「I'm in Love」。アコースティックギターの音色と5万人の歌声が、スタジアムいっぱいに響き渡った。その後メドレーシリーズの最後を飾る、TAKUROのメドレーへ。まずは「Winter, Again」が披露され、会場は一瞬涼やかな空気に包まれる。しかしそのあとは「口唇」「誘惑」「サバイバル」と、ハードなサウンドのヒットチューンばかりを連発。最後は名曲「HOWEVER」を壮大に響かせた。

TERUは最後に「18年経ってもこの曲たちを奏でられているのは、支えてくれているみんながいるからです。本当にありがとう!」と挨拶し、この日最後の曲へ向かう。ラストナンバーとして披露されたのは、TERUが長居スタジアムの全員と歌うことを夢見ていたという最新シングル「Bible」。彼の思いに応えるように、5万人が腕を上げて大きな声で歌い続け、メンバーも客席を見つめながら演奏する。曲の後半には、FM802の企画で集まった40人のコーラス隊「HOTEL GLAY合唱部」が登場し、オーディエンスの合唱をリードした。

曲が終わると同時に、ステージ上には盛大な花火が上がり、初日のフィナーレを華やかに彩った。TERUは「みんなのそばに行きたいから」と話し、メンバーとともにフロートに乗ってアリーナ席を1周。名残惜しそうにファンと手を振り合っていた。

「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico」
2012年7月28日 長居スタジアム「SUPER WELCOME PARTY」セットリスト

01. BEAUTIFUL DREAMER
02. Freeze My Love
03. SOUL LOVE
04. グロリアス
05. STAY TUNED
06. Route 5 Bayshore Line
07. summer FM
08. GLAYメドレー CASE OF HISASHI(neuromancer~Cynical~アイ~GIANT STRONG FAUST SUPER STAR)
09. HISASHI SOLO(20th Century Boy~Rhapsody~サバイバル~Beat it~Walk This Way~Bad Feelin'~Layla~ROCKET DIVE!!)
10. VIVA VIVA VIVA
11. GLAYメドレー CASE OF TERU(Lock on you~BACK-UP~BLAST~Little Lovebirds~週末のBaby talk)
12. May Fair
13. 生きてく強さ
14. ビリビリクラッシュメン
15. GLAYメドレー CASE OF JIRO(BUGS IN MY HEAD~mister popcorn~Ruby's Blanket~AMERICAN INNOVATION~THE BIRTHDAY GIRL)
16. SHUTTER SPEEDSのテーマ
17. ACID HEAD
<アンコール>
18. I'm in Love
19. GLAYメドレー CASE OF TAKURO(Winter, Again~口唇~誘惑~サバイバル~HOWEVER)
20. Bible

音楽ナタリーをフォロー